<   2007年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

脱力感

ピーターの部屋の前に若い女の子が何人かたむろしていたので何かと思ったら、みんな例の音韻論の宿題について質問に来たのだった。せっかくなので彼がこの若者たちと、難解な練習問題とをどうさばくのか見学させてもらうために一緒に解説を聞いた。

ピーターが自分とこの学生だけでなくて一般の学生のためにも用意している時間をちゃんと知って質問に来るあたり、この子らは日ごろからちゃんとやっているようで質問も的確で鋭い。

ピーターは、言語学の勉強は、もがきながらやっていったらある日突然clickするのだ、という。急にハッとわかるというかカチッとつじつまが合うというか。

で、先の鋭い女の子が言うには、「そうだとしてもこの宿題は、私たちがclickする前に提出することを要求されている」

その通りだよなあ。ピーターも苦笑して「我々は君たちがどこまでしっかり考えているかを知りたいのだから、もし正解までたどりつけなかったとしても学生が罰を受ける(be punished、はこの訳語でいいのかな)ことはない」と喜んでいいのかどうかよくわからないコメントをしていた。

それにしても若いのにしっかりした子供達だった。感心感心。

その後彼女らが帰ってから「いや、あの問題難しいですよ」というような話をしていたら、なんか突っ込まれそうで雲行きが怪しくなってきたので「いやあの、私は音韻論の話をしに来たんじゃなくてトクピシンの話をしに来たんです」と言って通常の面談にもっていったのだが、どっちみち突っ込まれるのは同じだった。

でもまあ、なんだな。月曜のこの面談が終わったあとの脱力感がまたいいのかもしらんな・・・
by warabimochi57 | 2007-04-30 20:46

I'm in the mood for lamb. (羊が食いたい)

朝起きたら猛烈に羊が食べたくなって、日曜日だからスーパーが遅く開くのを待ちかねて昼前にラムチョップを買い、たっぷりのニンニク、しょうがと醤油と酒とごま油でたれを作ってステーキにした。

主食はあんだけ手作りのあんパン。非常に美味しいだけにあん作りで手を抜いたのが惜しまれる。もっと完璧に作っときゃよかった。それと野菜スープで国籍不明、しかしおいしい昼食に満足して(ちなみに夕食もほぼ同じメニュー)学校へ行く。

私は月曜が面談日だから日曜はいつも切羽詰っているので学校へ行く。だからこの際金曜を勝手に代休にしようかとも考えているのだが、それはともかく

今日は例の韓国人のアイリスと音韻論の宿題を検討する。「マーク(演習の先生)はこの問題は簡単だと言ってたけど全然簡単じゃないよねえ」とぼやきつつ、まず問題の意味を解明することから始める。

アイリスは苦心惨憺してどうやらルールを一つ見つけたのだが問題には「ルールの順番を示せ」ともある。「順番を示せ」というからには少なくとも二つ以上のルールがなければならない。

データに示された男性形、女性形という言葉もわかっていない。「英語以外の言語を勉強したことある?」と聞くと中国語を勉強したという。思わず、「そうだよねえ、我々東アジア人に机は男か女かとか考えさせるほうが馬鹿だよね」と深く共感する。

ともかく問題の意味と彼女がやらなくてはならないことをはっきりさせたところで私のなんちゃって家庭教師はおしまいで後は本人の仕事である。「もうほとんどできたと思っていたのにまだこんなにやらなきゃいけないことがあった!」とがっくりしているのを見ると気の毒で、なんで言語学の専門でもない人にこんな難しい問題やらすの、と思う。

有り難いことに私はやらなくてもいいんですが、その代わり別のことをやらなくてはならない。アイリスが帰った後にデータの整理をしていたらアユブとシミーも顔を出して、シミーとは日本人がファクシミリのつもりでファックスというとしばしば英語話者に4文字語のように聞かれてしまう話をした。

アユブはなんだか私におびえているので少し気の毒になり、今日はあまりつんけんしないように気をつけてヨーグルトももらって食べた。しかしそうするとすぐに調子に乗ってまたおしゃべりが始まったのでまたいつものつんけんに戻ったら彼もおとなしくなった。平和的共存にはまだまだ時間がかかりそうである。

データは結局たくさん積み残したままなので明日の朝も早く行って続きをやらなきゃ。
by warabimochi57 | 2007-04-29 21:59

解けない

聴講している学部の授業の音韻論の練習問題が解けないんですけど。

先週の授業では先生たちが「ちょっと宿題が難しすぎたようだ。そこで、もう解いてしまった人はそれを次の課題にまわせることにして、今回の宿題はもう少し易しいのにします」

ということで配られた「易しい宿題」。それが解けませんがな。

明日この宿題のことで相談したいとまた韓国人の女の子に頼まれて、明日日曜日なんですけどと思いつつ、今まで自分がどんだけ先生の休みの日にもいろいろ教えてもらったかを考えるとむげに断ることもできず(ていうか、この子は一所懸命やってるのがわかるのでつい力になりたい)じゃあちょっとかるーく解いてみるか、と思ってから今何時間経った?なんかあり地獄に落ち込んだか袋小路に迷い込んだ気がして頭がぐるぐるしているんですが、易しくないよ、これ。

まあいっか。明日学部生に教えてもらおう。彼女はきっと私の気づかないことに気づいているだろう。

別の女の子からは私のインターネットにアクセスする時のユーザーIDとパスワードを教えてくれと頼まれた。彼女がいうには、私は院生だから無制限にネットにアクセスできるけど、学部生は制限されているから私のを使わせてほしいとのこと。

ちょっと考えてみた。それは勿論学生の立場では「いけないこと」だけど、もしOKしたとして、彼女が無制限にネットを閲覧しても、学校にほとんど実害はないだろう、だからOKすべきか?

しかし彼女は私の個人情報にアクセスできることになる。それで私はいろんなパスワードのうちインターネットにアクセスするのだけを変えることができないかやってみたのだがそれは無理だった。悪いことはできないようになっている。ってところでもういっぺん冷静に考えてみて、やっぱり他人のIDとパスワードを使おうなんてどう考えても非常識だよなあ。

実は近い友達なのですぐに断れずに曖昧な返事をしてしまったのだが、いかん、やっぱりはっきり断ろう。期待して待っている彼女のことを考えると少しかわいそうな気はするのだが。
by warabimochi57 | 2007-04-28 23:05

サラダそば

スバゲティーをサラダに使うんだからそばをサラダに使ったっていいじゃないか、ということでそばサラダやら、そばの麺をいろんなスープで食べてみることを試みています。そばだと思うからなんか変な味なのだ。ちょっと変わったパスタだと思えばほら、なんかおいしいような気がしてくるじゃないか。現にこっちの人はステアフライとかなんか変な食い方してるんだから。

さて、今日は学校に行かずにあんこを作りました。苦節4時間(つけておく時間とか最初にゆでこぼした時間を除いて)少し小豆がまだ堅いとこがあるのはご愛嬌ということで、まあまあのあんこができたので、一部は製氷室であずきアイスにして残りをどうするか。

小さめのホットケーキを焼けば皮になるからそれでドラ焼きってことでいいんですが面倒な場合、白パンを買ってきてあんパンにするというのが現実的な妥協策といえよう。あとはアイスクリームと合わせてもいいんだけどそれは太るからやめとこう。

で、今回は記憶で適当に作ったけどやっぱ次からはレシピを検索するかなんかした方がええかもしらんな・・・
by warabimochi57 | 2007-04-27 21:35

ブロークンハート

ブロークンハートは日本語でなんていうんだ?とガーナ語の授業中突然ロブにあてられて、ぼんやりしていたので「へ?ブロークンハート?ブロークンハート?」と何度も聞き返し、「ブロークンハートって知ってるか?恋人が君を置いて去ってしまうことだよ」と言われた。

よおーく知ってますともさ。

つまり、英語ではハートに心がある、ガーナでは肝臓に心があるとかそんな話題だったのですが、その後またあてられたときもぼおっとしていたので今日はまた一段とアホみたいな受け答えばっかししてしまった。いつもなんだけど情けなさにブロークンハートである。

今日は雨のせいか学生も少なくて、私も早仕舞いして帰って来てスーパーで豆腐を買った。いつもは絹ごしを買うのだが、並んでいる絹ごしの賞味期限が切れていたので今日は木綿。しかし、この木綿はなんていうか、日本人仕様にはなっていなくて、でもパッケージは日本語なのだが、堅くてなのに水分はたっぷりで味噌汁に入れたら水っぽくて堅いとってもまずい豆腐の味噌汁ができた。あまりのまずさにネタ的にはOKとする。

一つ、お楽しみは小豆を炊いていることで、夕食の時間帯はガス台が込むので今は中断して明日の朝にさらに煮込む予定。あんこができたら週末はドラ焼きを作る、かも知れないのだ。乞うご期待なのだ。
by warabimochi57 | 2007-04-26 21:11

なまずと百日咳

今日覚えた英単語: 
catfish なまず
whooping cough 百日咳
sabre tooth 犬歯
clubfoot 足の湾曲

なんでこんな変なのばっかり出てくるのかというと、複合語、日本語で言えば「弁当箱=弁当+箱」とか「女たらし=女+たらし?」とか、とにかく2つ以上の語の組み合わせで1つの語ができているという語形成について勉強した授業のノートから拾ったので。

もう一つはentomology,昆虫学。よく先生がetymology,語源学の説明で「よく間違えられるんだけど昆虫学じゃないから」という。

アユブが話しかけてくるのを露骨に知らん振りしてノートを整理していたら、彼も悟ったのか後半全然話しかけてこなくなった。

昨日私はシミーに借りたヘッドフォンを失くしたと思って探し回っていたところ、シミーが持っていっていたことがわかった。シミーがいうには「論文に集中したかったんだけどあんまりアユブが話しかけてくるから聞こえないようにしようと思って」

かわいそうなアユブはついに温厚なシミーにもウザがられてしまった。「悪い人じゃないんだけどね」とはいうものの、最近シミーがあまり研究室に長居しないのはそのせいらしい。

私ははっきり嫌な顔をすることによって、かなりウザい話を減らすことに成功したので、このまま勉強できる環境が続くようなら態度を軟化させようと思っている。でもお互いに氷のように冷たい態度を保ったままずっといっても私は一向に構わないし快適なのですが。
by warabimochi57 | 2007-04-25 20:50

絶対読むなよ

そして当然ながらピーターは健在でした。

2週間のブランクで何もネタがないのだけれど、データを起こす作業について方向を見ておいてもらわないといけないので、帰って来てすぐピーターのところに挨拶に行きました。

Welcome back!と一応言っていただいてすぐトクピシンの話題に入り、しばし順調に報告。まあとりあえず方向はいいんでない、ということで最後に「確かこないだトクピシンの卑語についての資料を渡したよな」「はい、い、いいえ」「渡してなかったか?」「いえ、あの頂きましたけど読んでません」

「よし、わかった。絶対読むなよ。僕がいつも資料のコピーとかを渡しているのは、単に君が受け取って棚に置きっぱなしにするためにそこに置いているだけだから絶対読むなよ」

・・・ごめんなさいってば。

で、今日になって気づいたのは、これは私の勘違いでもらってなかったのでした。それを言ったらピーターも実は渡してなかったことに気づいたのかいつになくにこやかにその資料を置いてくれたので、学校では2ページだけ読んで今日の宿題で読むのだ。

ピーターも健在でよかったよかった。
by warabimochi57 | 2007-04-24 20:21

paはたまり?

主な登場人物表を作っていないので、誰が誰だかお忘れの方も多いかと思いますがが、paというのは、pで始まる何回聞いても覚えられない名前のマレーシア人の女の子です。

そのpaの名前をついに覚えたのだ。なんで覚えたかというと、paはこの休みの間にメルボルンに遊びに行って、自分の名前を彫り込んだ腕輪を作って見せびらかしたので。

paの名前はPearleen,パーリーンというのでした。面倒だから今後もpaでいいや。で、久々に彼女としゃべって、paは自分の名前を日本語訳してくれといいました。私が考えたのは「たまみ」、珠美で「真珠のように美しいってことでどう?」というと「それは美しすぎるからもうちょっと違うのがいい。それと、音を活かせないか」と注文が難しい。

いや、普通日本人の名前にパ行は使わないんだよね。泉ピン子とかぴんからトリオとかバカボンのパパとか例外はあるけど。だからpを使うのはあきらめてもらって、たまみ、の「み」をやめてパーリーンの「り」をいれて、たまり、を次に提案しました。

それでは醤油だよ、という話もあるかと思いますが珠里で美しい里ってことでどうでしょう?というとそれは気に入ってくれたので、そして中国語で里っていえばinsideの意味があるから真珠の中ってのもいいんでない?ということでpaの日本語名は「たまり」に決定しました。

paは明日どこだかに古い建築物を見に行くそうで一緒に行かないかと誘ってくれたのですが、いや学校行くからと断りました。断ってから知ったのだけど、明日は休日だったらしい。知らなんだーといってもどっちみち学校へは行くんだけど。
by warabimochi57 | 2007-04-24 20:08

Log In Dekimasen

Ie no Pasokon kara "log in" dekimasen.
Nihongo deno kooshin wa shibaraku omachi kudasai.
Kore mo nihongo desuga.

Neta wa atta noni syun wo sugite simatta...
by warabimochi57 | 2007-04-24 08:41

自分へのお土産

これです。

a0058784_16464463.jpg


℃立派ーと変換したんですがドリッパーと書いてもコーヒーを飲まない人にはなじみがないかと思って写真を撮りました、この透明の。日本だったら100円ショップでも売ってるけど、私の知っている狭いオーストラリアではこのドリッパーだけをバラで売っていなくて(コーヒーメーカーはある。だからフィルターはある。紅茶のようにガラスの瓶みたいのでコーヒーを入れる人も多い)それで前に書いたイタリア製のコーヒー沸かしなんぞを買ったわけで、あれはあれで非常に気に入っているのだけれど、いちいち入れるのに台所に行かなきゃならんし手間がかかる。ということで家用と学校用と二つ買ってきました。

学校用はこれでコーヒー代が画期的に節約できるはず。(ただしお友達やら先輩とのお茶代はこれに含まれませんのでお友達やら先輩の皆様は今までどおりお茶に誘ってください。)ついでに手動のミルも持ってきた。豆は安くておいしいのがすぐ手に入るので幸せ度が高い。

ついでに写真を見ていたらわざとやったんではないんだけど彦根城の桜がこれもピンボケでなんかいい感じになってたので上げておく。

a0058784_177599.jpg


ちょうど桜が咲いて散る間、二週間の滞在だった。帰ったらアデレードは秋になっていた。
by warabimochi57 | 2007-04-22 17:15