絶景かな絶景かな

今年の春は桜の季節に南禅寺の三門に上って「絶景かな絶景かな」をやりたいと思っていたのだが雨続きで、たまに晴れる日には用事があって果たせないまま学校が始まり私はまた五十の坂を目の前にして一年生になった。今日は研究室のガイダンスが終わって、夕方から新歓コンパということでその合間にうちが近いのでいったん帰ってコーヒーを飲んでいる。

研究室は適当に自分の領域を確保している人々はいるけれどみんなに机がある訳ではなくて机だのパソコンは共有物ということらしい。だから空いてるとこで適当に研究するといいみたい。ガイダンスで先生は昔は研究室に住み着いているような学生がいたけれども昨今の学生は帰属意識をあまりもっとらんようだ、というような話をされていた。新参者としてはしかし、先住者の領域を侵犯せずに住み着ける場所があるのかどうか、どこに座っていいのか、もくもくとPCで作業している人々に話しかけていいのかすらわからないのでしばらくは様子見ということになりそうである。

学業はもう満遍なく全面的にどこからどこまでも足りないし課題山積なので迷いもなくて猛進するのみである。幸いよき指導者に恵まれて-これは人生の幸せの一つだと思う-やるべきことは目の前にあり、際限なくあり、あとはただただイノシシのように突き進むのである。

桜は見えなかったけれど、今自分の目の前に広がっている未来の景色が絶景かな絶景かな、ということで新歓コンパに行ってきます。新人として新歓コンパに出るのは30年ぶり、暴れないようにおとなしく飲みたいと思います。
[PR]
by warabimochi57 | 2015-04-10 16:59 | Comments(0)

謹製 さつき


by warabimochi57
プロフィールを見る
画像一覧