本日のおやつ

某SNSとネタがかぶってるのは気づかなかったということで、くれた人がさばいて写真とってブログに載せろというもんで、こんなのもらいまして
a0058784_1750859.jpg

一人暮らしでパイナップル1こもらってどうせえちゅうねん。

a0058784_17503649.jpg

パイナップル1こさばいたのは、PNGで友人がやっていたのを横で手伝った時だけで、その時やっていたのは丸々1個を丁寧に皮を剥いてトゲトゲを取って食べられるところは全然無駄にしないやり方だった。それは実に超めんどくさい、時間がかかるやり方なので、ネットでもっと簡単なやり方を探しました。これだと皮付近のおいしいとこが少々無駄になってしまうのだけど、初心者がこれ以上やって手切ってもあかんからな。

ということで、意外に簡単でしかもおいしかったです。もらった時はこんな重たいもんを!とぶーぶー言いながら持って帰ったのですが、ごちそうさまでした。
[PR]
# by warabimochi57 | 2012-05-12 18:04 | Comments(0)

奥琵琶湖

a0058784_23323953.jpg
桜はとっくに終わっているのだが、1回も更新しない間に4月が最終日になってしまったので今年の4月に奥琵琶湖で撮った写真を載せておこう。両親と二組のおじおばのじじばばチームが花見に繰り出したのについていったのだが満開の桜は雨模様にかすんでいた。その分人が少ないのは有難い。

ぐだぐだの人間関係をどうやらやり過ごし、仕事は少し忙しくなっている。例によって英語に躓いているのでこの期に及んで英語を少し習うべきかもしれない。自分で楽しく勉強しているのはいいとして、話すスキルが低すぎて話にならない。もうすぐ外国からお客さんがやってくるので非常にやばい。周りを見ていると、他の人は自分の専門を別にもっていて英語の専門家でもなんでもなく、必要に応じて手段として英語を使っている。かっこいいなあ、などと感心している場合ではない。

私生活の懸案事項は夏が近づいてきてエアコンがない、ということである。通勤時間も長すぎる。半年前ぐらいまではなんのためらいもなく引越し代さえたまったら引越そうと思っていたのだが、時給のパートで生活しているのに引越しの優先順位がそんなに高くていいのか、と思うと、普通に考えたらおかしいのである。そこまで引越しを最優先しなくても、たとえばエアコンを買い、通勤時間は読書なり勉強タイムに使うこともできるのである。引越しはなかば趣味なので、趣味にかける時間とお金だと思えば必ずしも常識にとらわれることもないのだけれど、ともあれ引越さないとすれば、エアコンを買うなり暑さ対策が必要である。いずれにしても金がかかる。頭が痛い。

桜餅の季節が過ぎて水羊羹が近づいてきた。とりあえずは(親が)笠地蔵にもらったたけのこを食べて夏に備えたいと思う。
[PR]
# by warabimochi57 | 2012-04-30 23:35 | Comments(0)

事なかれ主義の顛末

全くどうでもいいと思っていた人間関係があって、少し前にうまくいかなくなった人がいたのだが、私は全然重要視していなかったので事なかれ主義で適当に流しつつ表面は丁寧に謝ったりしていた。

しかし相手はますます態度を硬化させて関係はみるみるこじれてしまい、この冬が長かったのと同じぐらい、ここしばらくは長い長い泥沼にはまっていた。

相手をなめていた。つまり、私が事なかれ主義でなんでもいいから早くこの関係が終わればいいと思っていることを、相手は察知していたのだと思う。私は実際ほとんど悪いと思っていないのだが、だったら堂々と自分の正当性を主張すればよいのにひたすら謝って嵐が過ぎるのを待っていた。この点の率直さに関しては実際に相手の方が、怒りを表明しているだけ誠実であり、しおらしい顔して内心ケッと思っていた私のほうが不誠実ではあっただろう。ただ、ここには力関係があって、相手は私に露骨に不機嫌な顔ができるけれど私のほうはそうもいかないという立場だった。

という訳でしばらく人間関係に問題ありでぐだぐだだったし、今もまだ収拾はついていなくてもうしばらくはぐだぐだなのだが、どうも私が自分が人間関係が非常に苦手なことを忘れて、周りとうまくいっていると思って有頂天になっているとこういうことが起こる。

私は中島義道にはなれない。相手が不愉快なことでも自己に誠実に、なるべく嘘をつかずに傷つけても構わないから率直に話すなんてことはできず、そう遠くない将来にあまり関わらなくて済むようになるまでは、表面上相手を立てていうことを聞いて身の保全をはかる。中島氏が蛇蝎のごとく嫌っている「善人」そのものである。

今回の何ヶ月かかかった茶番劇で私が学んだことはしかし、「表面だけ謝ってるのは見抜かれる」ということでこの点に関しては率直に、悪いことをしたと思う。事なかれ主義ならそれに徹したほうがまだましだったのだ。つまり、謝るなら相手の意向を汲んで立ち回るとこまでやって初めて反省の色が見えるのであって、まったく行動を変えず、口先だけ謝るのはそれは見抜かれるわなあ、と終盤近い今になって思う。

結局ちょっとだけ、相手の怒りによって少しは私も反省して行動を変えたので、その怒りも全く無駄だったという訳ではないだろう。しかし私の怒りは相手には向けられない。黙って心の中で切り捨てているだけで、対話を放棄している分こっちのほうがより一層冷たくて陰険である。

和解する気はまるでない。恐らく相手もそう思っている。「しかるべきにや」、と古文に出てくる言葉を思う。「前世の因縁だったのだろうか」というようなことだけれど、そんなものは信じていないけれどもこうなるべくしてこうなったのでもはや人知の及ぶところではないような気さえする。あとしばらく、事なかれ、事なかれ、穏やかに過ごせればよいのだけれど。
[PR]
# by warabimochi57 | 2012-03-31 23:49 | Comments(0)

持ち込みテキストその後

通勤電車に「実践ビジネス英語」のラジオ講座のテキストを持ち込む、という話を少し前に書いたのでその後を経過報告を。

そもそも活字中毒なので、ほかに何も読むものがなければレストランの箸袋とか電車の吊り広告とかもくまなく読むわけですが、そういうとこにビジネス英語のテキストを持ち込むとどうなるか。やっぱりこれ、「ほかに読むものがなければ」かなりくまなく読み込むことになります。

そして、いかにこのテキストが情報満載で何度も読み返しても覚えきれない単語やら言い回しやらでいっぱいだとしても、毎日往復で1時間もこのテキストばっかし読んでたら2週間もやってればお腹いっぱいになります。これで一月はさすがにもたんわ。

ということで、結論としては通勤の隙間時間はあなどれないということがわかった。かなり勉強には使えます。しかし、ビジネス英語のテキストだけでは1ヶ月はもたない。ということで先日からは外大の学部のときに使ってた言語学の概論のテキスト、英語の、を読むことにしました。昔の教科書なんてなかなか読まないけれど、やはりそれしか読むものがない状況だと読んでしまう。とはいえ論文だとかわからない単語だらけの英語の本だとかはやはりきついと思うのでとっつき易さを優先し勉強でいえば復習にあてる感じ。

ビジネス英語に関していえば、もともとこれは音声付きの至れり尽くせりの教材なので、何も電車の中で読まなくても、家で聞いてるときにもっと集中して覚えるようにしたほうがいい。でもテキストが軽くてもって歩くのには便利だし、ちょっと数分電車を待ってるときなんかにも便利なのでこれもやっぱり持ち歩くようにしています。

ともあれ活字中毒侮りがたし(自分の怠け癖よりも強い)ということと隙間時間侮りがたし(イディオムとか案外頭に入る)ということがわかりました。首都圏みたいな押し合いへしあいって訳ではない通勤時間は長時間であっても案外使える、のかもしれない。とはいえせいぜい遊びの「お勉強」で、おまけに留まるものだとは認識しています。

おまけじゃない本体はどこにあるのか。それはこれから考えたいと思います。
[PR]
# by warabimochi57 | 2012-02-26 19:52 | Comments(0)

ダイエットを兼ねて生きる

お風呂掃除とかちょっと銀行行くとかなんかこうめんどくさいな、と思うことがある時、「ダイエットを兼ねて」という枕詞をつけるとめんどくささが軽減される。ダイエットを兼ねてお風呂掃除しよ、とかダイエットを兼ねて銀行いこうとかダイエットを兼ねて仕事行こうとか、人間寝てたってエネルギーを使うんやから、ダイエットを兼ねて昼寝するなりダイエットを兼ねてだらだらしてもよい訳である。そしてダイエットを兼ねて生き、ダイエットを兼ねて死ぬ。

そんな訳でダイエットを兼ねてブログを更新しているのだが、しかしダイエットを兼ねてお風呂掃除をしたからといって、それはお風呂掃除以外に何かをした訳ではなく、結局お風呂掃除に使うエネルギーを使っただけでそれ以外には1カロリーたりとも消費していないことには留意しなくてはならない。それどころか、その後にダイエットを兼ねておやつを食べたりしたらどんなにダイエットを兼ねていようが却って太ることになるので気をつけられたい。

似たようなのに「節約を兼ねて」とか「気分転換を兼ねて」というのもある。金がなくて買えないのは節約ではなく貧乏なのであり、気分転換ではなく現実逃避である。結論としては、何もしないのが一番いいかもしれない。ダイエットを兼ねて何もしない。しかし何もしないのだからダイエットもしないのだからダイエットを兼ねてダイエットをしない。

今日もダイエットに明け暮れた一日だった。
[PR]
# by warabimochi57 | 2012-02-16 23:04 | Comments(0)

GREATEST LOVE OF ALL

If I fail, if I succeed, at least I live as I believe. No matter what they take from me, they can't take away my dignity...

デビュー曲が一番衝撃的でずっと一番好きだった。高校生の時ではなかったか。ほぼ同世代で音楽にはまったく興味がない私もこの人のCDだけは繰り返し繰り返し聞いて飽きることがなかった。

近年は麻薬とかそんな話ばかりが聞こえてきていたけれども「成功であれ失敗であれ私は信じる道を生きてきた。何を奪われようともdignityだけは誰にもわたさない」という18歳のWhitney Houstonの声は今後も私の人生の道標であり続けるだろう。

安らかにお休みください。
[PR]
# by warabimochi57 | 2012-02-12 11:15 | Comments(0)

お持込みのお荷物

NHKのラジオ英会話を聞き始めたのは25歳ぐらいの時で、その後何度か中断しながらもお世話になって20年になる。昨今はさぼりがちだが以前は引っ越すたびにダンボールに詰め込んだ何年分ものテキストを持ち歩いていた。どんどん新しい物が出るのに墓まで持ってくわけにもいかずそれは数年前に処分したのだが、今も毎月「ラジオ英会話」と「実践ビジネス英語」のテキストは買っている。

さて、今私は社会保険つきのアルバイトというか、ほぼフルタイムのパートで生活しており早い話が貧乏なので月々760円はけっこうな出費である。そして長距離通勤である。そしてビジネス英語はさぼりがちであるのにこの380円のテキストには大変な量の情報が詰まっており、それを消化しないうちに廃品回収に出してしまうのは非常にもったいない。

以上の問題を一挙に解決すべく、通勤電車にビジネス英語のテキストを持ち込むことにした。今までくだらない本やらくだる本やらをぼちぼち持ち込んで読んでいたのだが、文庫は通勤で乱暴に扱っているとぼろぼろになってしまうし、少し重かったり、好きな本は別に持ち込まなくても読むので、何日かにいっぺん文庫を取り替えるのをやめて、前の月の分のビジネス英語のテキストを毎日もっていき電車の中で読みたおすことにした。

いやー、すごい成果。毎日よう寝られます。読み始めたらすぐ眠くなり、というのは一部本当ですが、それでも、くだらない本の時みたいに目がらんらんとはしていなくてもダラダラと読んでるだけでもなんか勉強してる気になってなかなかよい気分です。半分寝てるとしても一ヶ月あれば一応すみずみまで目を通すことはできる。これで廃品回収にも罪悪感なく出せるというものです。廃品回収に出すためにやってる訳じゃないけど、そんな訳で、これをやり始めたら本番の番組を聴く(今はネットで聞けるしPCもサクサクになったし)のにも熱が入るようになりなんか今までの人生を返せ的な勢いでまじめにやり始めたのでした。

嫌になったら職場近くに引っ越そうと思う。
[PR]
# by warabimochi57 | 2012-02-09 23:04 | Comments(0)

遅ればせながら明けましておめでとうございます

新年の誓いはもう達成してしまったのであと11ヶ月どうやって生きようか。

ちなみに今年の誓いは「パソコン買う」というものです。で、10年ぶりに新しいPC買いました。買ったはいいけど10日で立ち上がらなくなって、新品と取り替えてもらって今2台目、インターネットを光にするのと抱き合わせで大きく値引きしているものを買ったので値段は10年前の10分の一以下、性能は何倍なのか計算できない。いやはや、これでやっと動画なんかも人並みに見られるようになりました。

今までe-learningとかまるで信用してなかったんだけど、結局PCの性能の問題だったのかと愕然として、きれいな画面によどみなく流れる英語勉強番組なんかも飽きずに見ています。今までは動画サイトをみんなが面白い面白いと言ってても、3秒ごとに画面が止まってしばらくうーんと考えて動き出すという有様だったので楽しむどころか却ってストレスがたまっていたのでした。

しかしだんだん読んだり書いたりする環境が整ってきた。今、人生で初めての長距離通勤(首都圏の人とかから見ればたぶん普通ぐらい)をしていてそのうち往復1時間ぐらいは本を読めるので、この時間は乱読にあてて、inputすれば必ずoutputしたくなるのでサクサクのPCでなんか書く。まあ思い通りにはいかない日も多々あるけれどもそういうことができればその日は極楽で満足して布団乾燥機をちょっとかけてぬくぬくにした布団にもぐって寝る。布団乾燥機はちょっとでよくて、かけすぎると電気代も上がるし余分に暑くなってしまうので要注意です。

あとの11ヶ月は来年の目標でも考えて生きようと思います。いつものように怠惰な人生ですが、今年はちょっと違うのだ。パソコン買ったから。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by warabimochi57 | 2012-01-30 22:10 | Comments(0)

合掌

穏やかな年末が大雪に変わった日、大荒れの吹雪の中を近所のおじさん-年齢は知らないが新年に数え年で喜寿を迎える父よりもだいぶ上であることは間違いない-が母への見舞いを包んでもってきてくれた。ご近所だというだけで、実際のところ赤の他人でつきあいもほとんどないのだが、義理堅い田舎の人には見舞いはやめとこか、というような選択肢はない。年金生活の老夫婦であろうが吹雪だろうが関係ない。以前から田舎に笠地蔵が実在することにはしばしば触れたけれども、母の入院中も笠地蔵たちは留守宅にやってきて大根や白菜を置いていき、中には大きな蘭の鉢を置いていった笠地蔵までいたのだった。

母方の祖母は長いこと寝たきりだったし、父方の祖母も母は長い介護の後に看取っており、昨今では父も老いて介護する側の大変さということはいつも思っていたけれども、介護される側の気持ちということは考えたことがなかったと母は病床で述懐した。年齢的にもいつ何があってもおかしくないことは私たち娘らも知識としては知っていたけれども介護といっても全く他人事だったのがいきなり自分事になったのこの一月、母には後遺症は残りリハビリの課題はあるにせよ年末に退院までできたのは僥倖だった。吹雪の中を帰っていく腰の曲がったおじさんの後姿に不信心な私も思わず手を合わせる。

両親を遠方から帰省している妹に任せて今私は自分の部屋を片付けに京都に帰っている。今までどおりにはいかないけれども軌道修正しながら仕事や勉強もなんとか続けていけるだろう。笠地蔵さんもどうか長生きしてください。皆様もどうぞよいお年を。
[PR]
# by warabimochi57 | 2011-12-31 12:58 | Comments(0)

祝杯

毎年越冬にやってくるオオワシが姿を見せないので多くの人がやきもきしていて、彼女もおばあちゃんだしもしかしたら...などと悪い想像をしないでもなかったこのごろ、今日になってついに飛来が確認されて多くの人が祝杯を挙げているという。

その故郷の町に私はたまたま帰っていたのだが、オオワシさんを見に行くことはできなかった。老境に入って日常生活にほんの少し不自由をきたしていた父を一人でみていた母が倒れてんやわんやのさなかだった。

入院して数日、当初から意識ははっきりしていた母は、目に見えて回復に向かっている。今後リハビリでどこまで回復できるかはわからないけれどもまずは生き延びた。

親が倒れて祝杯を挙げるのもなんなのだけど、駆けつけてくれた叔父や伯母たちとも有難い、有難い、生き延びてくれた、やれ嬉しやという言葉を繰り返すばかりだった。

後のことはなんとかなる。妹たちと交代しながら、田舎だけに頼もしい親戚の助力も得て母のことも、母が病床から気遣ってやまない父のこともなんとかうまくやっていけるだろう。

数日振りに京都に帰って自分の巣にこもり一息つく。当面は母と父のことを中心に仕事もいろいろと融通をきかせてもらいながら忙しい日々になると思うけれどぼちぼちといつもどおりにやろう。遊ぶことも休むことも手を抜くことも、それは身についた習性だから忘れない。どんな修羅場でも必ず手を抜く自分の習性をこれほど有難いと思う日が来るとは思わなかった。

私は、言語学を本格的にやり直そうと決意したばかりだった。修士からやり直したいなあと思い具体的な手順はどうしようか、旧の大阪外大に戻りたいと色々考えて楽しんでいた。それは今すぐは絶対に無理だし長期的な見通しは全く立たないのだけれどあきらめる必要はない。むしろ腰を据えて何年かかっても構わないからゆっくりと攻めていく。

今年もよくぞ飛んできてくれたオオワシさんと、しぶとく生き延びてくれた母の命と、何が起こるかわからないけどまあなんとかなっていくであろう人生に、ささやかな祝杯を挙げる。
[PR]
# by warabimochi57 | 2011-12-04 22:30 | Comments(2)

謹製 さつき


by warabimochi57
プロフィールを見る
画像一覧