術後7年

ちょっと軽く咳をしただけで呼吸器外科の先生からは「うん?その咳は?」とチェックが入った。「いえちょっと風邪気味で」と言葉を濁す。左肺の上半分を切除する手術から7年、今年も定期検診を異状なしでクリアすることができた。朝CTを取って午前中には先生と一緒にその画面を見る(見てもわからないけど)。以前はCTの結果が出るのにもう一度足を運ぶ必要があったのに。7年の間には医療技術も更に進歩し続けている。

7年前、癌の診断が下った時、実家には小学生の姪が来ていて子どもの前で話したものか考えたものだがその子らは大学生になり、今自分が死んだらこの子は私を覚えていないだろうと思った幼い甥は春から4年生に、影も形もなかった姪は年長さんに、そして元気だった両親はそれぞれに倒れたり年老いてでもなんとか今も普段は二人でやっている。どうか2年生き延びて留学したいと切望してアデレードに渡り、英語にも言語学にも四苦八苦してどうにか修士をもらって、帰ったら仕事はなくてまた転職を重ねて、その間にネットを通じて知り合って急速に親しくなり、何も説明しなくてもお互いに言いたいことがわかって気を使うこともなくいられた同い年の友人は、私よりずっと後に発病したのにあっという間に病気が進行して亡くなってしまった。元気に生き延びられたという喜びはいつも「でもあの人がいない」という悲しみと裏腹で、今回たまたまこっち側にいる自分も次はあっち側に渡る番かも知れない。遅かれ早かれそのうち順番が来るという思いに、しかし私は救われてもいる。

言語学に目を開かれた大阪外大は阪大に合併されてしまった。しかし春からまた私は、科目履修生として阪大に通う。外大時代にお世話になった杉本先生があと1年で退官されるその最後のゼミに間に合うことができた。生き延びたら生き延びるだけまた欲が出る。欲張るという贅沢な楽しみがある。最近は老眼やら更年期に悩まされることも増えてきたけれどぼちぼち折り合いをつけていこう。そして死ぬ時には「ちゃんちゃん」とつぶやいて死ねるようにネタを、いや精進を重ねたいと思う。とりあえず若いもんに、いや現役学生に取り残されないように、科目履修の認知意味論演習だったかなんかそんなのを、ぼちぼちがんばりたいと思います。あと7年また生きるぞ。無理するなよ。(自戒)
[PR]
# by warabimochi57 | 2013-03-25 22:35 | Comments(0)

街中の北向き

そんな訳で京都の宇治に近い山の中を脱して大阪と京都の真ん中辺りの、モノレールの駅にも近い街中に引越して来ました。道路沿いの北向きのアパートは寒くてうるさい。しかし大きな窓が二方向にあって明るくて(無駄に)広く、後は本を片付ければ引越し完了。これは週末にやる。引越しの直後のEverything is under my control感は、いろいろと清掃業者が手を抜いたなとか、台所のシンクの下がカビ臭いとか収納が足りないとか不満はあっても楽しいもので、そしてやっぱ街中だけあって便利で、順調に新生活をスタートしています。

「科目履修生」というのが募集されたらすぐ出願しようと思ってアデレードから成績証明も取り寄せ(実家に届くはず)、勤め先にも四月から週一で学校に行きたいと根回ししました。ジュリーの引退には間に合うはず。(スルー推奨)

先日二度と取り返しのつかない人間関係という物について思いを巡らす機会があって、生別死別も既にたくさんあるのに今後も増えていくに違いないのだけれど、それを思えば言語学はまだまだこれからもやり直せるしいっぱい勉強できるよなあと思うとなんか嬉しくなってきた。科目履修生とはいえ一応試験もあるので落ちる可能性もある訳だが、まあそれはないということで、いろいろと楽しみな新生活です。

一週間ほどネットがつながらなくて、掃除したり忙しく快適にしていたのですが、ネット環境が復活したらまた途端に張り付いているのも困ったもので、ネット依存については、今年は少し意識的に離れる時間を増やしたい。家賃もわずかに上がったのでバイトでもしたいけど勉強する時間も確保できるだろうか。いやそれだけはどういう状況でも確保したいしするのだ!ということにしておこう。

寒いので寝よう。3つの部屋に2つしか照明がないのもよく眠れていいよねということで、おやすみなさい。
[PR]
# by warabimochi57 | 2013-01-24 22:54 | Comments(0)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

a0058784_14574381.jpg


昨年は人間関係で躓いたり、気の早い友人が逝ってしまったり順調とは言いがたい一年でしたが、一方で仏像を見て歩く楽しみを見つけたり、友人達と奈良や鞍馬を歩いたり、またパプアニューギニアでお世話になった友人と再会したり、楽しく慌しく過ぎた年でもありました。おかげさまで一昨年末に倒れた母は順調に回復しまして父ともども穏やかな正月を迎えております。

京都に住んでまもなく2年になりますが、今年は心機一転、再び大阪に引越してそして念願の言語学を再開したいと思っています。まずは4月から科目履修生に、そして夏かもしくは冬には再び大学院生になるべく試験に臨みたい。という訳で、今引越しの準備で慌しく部屋が最悪にとっ散らかったまま新年を迎えました。でも田舎育ちで見よう見まねで覚えたお節は毎年ぼちぼち作っております。

a0058784_1512374.jpg


一足先に彼の岸に渡った友人を思うときはいつも、迷わずやりたいことをやれと叱咤する声が響く。先のことを思い煩うことをやめて今ある手札で勝負を賭けたい。

とりあえず、この部屋の混沌を片付けることから始めようと思います。謹んで初春のお慶びを申し上げます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
# by warabimochi57 | 2013-01-01 15:27 | Comments(0)

バレエで話す人々

日本語が一言もできないフィンランド人を、フィンランド語はもとより誰も英語を話す人もいないバレエ教室に置き去りにして帰ってきた。

ベンラは職場に1ヶ月の予定で滞在していて、京都市内のウイークリーマンションに住んでいるのだが、1ヶ月の間にもバレエに通うのだといって、道を歩いていてバレエ教室を自分で見つけてきた。そして職場の学生に頼んで電話をして問い合わせてもらい、体験レッスンにその学生がついていくことができなかったので私にお鉢が回ってきたのである。職場に滞在する外国人の世話をするのは私の仕事の一環なのだが、さすがに勝手にバレエに行くのに付き添うのには残業代は出ない。しかし、私も留学していたときに自分が世話になった分を順繰りに返す番なのだろう。次はフィンランドに来た人にベンラが手を貸してあげればたぶん世界がうまくまわる。

ベンラは北欧系の長身の美人なので、教室に入っていくと小さなバレリーナたちがびっくりして見上げている。レッスンのお金はいついくら払えばいいのか、私は必要最低限のことだけを助手みたいな人に聞いて本人にはI'll talk to you later.とだけ言って、置いて帰ってきた。

ベンラは持参したレオタードに着替えて、練習用のバーの一角を高校生ぐらいの女の子たちが場所を空けているところに入っていった。お互いに全くことばは通じないのだけれど、身振りでそしてバレエで会話をしている。バレエで会話をする人が実際にいるというのがちょっとした衝撃だった。

わずか1ヶ月、全く別の目的をもって異国に滞在するときに、その国のことばも全くできないのに、道でみつけて週に2回習いに行って、コミュニケーションができるような何かをもっている人生というのはどんなのだろう。最初からそのつもりで、当たり前のようにレオタードやらトウシューズやらをもってきているベンラにも驚く。そして小さなバレリーナたちは今日いきなりやってきた長身の、本物の白鳥のように白いバレリーナのことを家に帰ってあるいは明日学校でどう話すのだろう。

少し心配がないでもなかったけれど、そのままほったらかして帰った。バレエで会話をする人々の楽しみに少しは手を貸すことができただろうか。
[PR]
# by warabimochi57 | 2012-11-26 22:48 | Comments(0)

流れ着いた観音さま

長浜市にある川道千手院には、二体の千手観音像が安置されている。伝承によるとご本尊の観音さんは川の上流から流れてきたもの。そして、もう一体は、その観音様が夢枕に立って「私と同じ形を彫って、誰かが私を尋ねて来たらそれを差し上げよ」とおっしゃったので同じように彫ったけれども誰も尋ねてくる人はいなかった、ということである。(「湖北の観音さま」長浜み~な協会編による)

a0058784_22385220.jpg


この身代わりの観音さまは、秘仏であるご本尊の隣の厨子に安置されて、なんの指定もない仏さんだったのだが、実は(伝承とは違って)平安初期の作とかでいきなり国の重要文化財に指定された。そして、今年はご本尊の17年目の中開扉ということで、今日まで盛大な法要が営まれ、二体の千手観音にお参りする機会を得たのだった。

世の中に仏像好きな人がいるということは知っていたし、仏教美術というものもあるらしいことは認識していたが特に信仰を持たず、また美術にも歴史にも疎い私にはまるでご縁のないものだった。ところが、先月は鞍馬の阿弥陀如来を訪ね、今月は祖父の五十回忌のお下がりに両親が上述の本を配ったりしていたものだから、ご縁に導かれるように阿弥陀さんやら観音さんやらの仏像に出会うことになった。

およそ出会いとはそういうものなのだけれども、昨日まで縁もゆかりもなかった仏像に心が惹かれてやまない。とはいえ急に信仰が芽生えた訳でもないので、信仰を持つ人々の邪魔をしないようにひっそりと仏像を愛でる、そういう人になろうと思う。仏さんは太っ腹やから不信心の癖に仏像だけ好きになるとは何事、みたいなせこいことは言わはれへんであろう。

16年後の次の開帳にも間に合ってお参りすることができるだろうか。ご本尊の扉はまた閉じられ、この琵琶湖畔の田舎の寺に籠もられてしまったけれども、身代わりの仏さんには毎年十一月にお参りできる。またお尋ね申し上げたいと思う。
[PR]
# by warabimochi57 | 2012-11-12 00:21 | Comments(0)

咲きも乱れず清く立つ

a0058784_2144459.jpg

山の菁莪(しゃが)咲きも乱れず清く立つ
牛若と云ふ少年のごと

与謝野晶子


鞍馬の話題をもう一つ。鞍馬山霊宝殿という小さな博物館の2階には与謝野記念室というのがあって与謝野寛、晶子夫妻にゆかりの品々が収められている。上の写真は実家に近い滋賀の山の中で今年の夏に名前もわからずに撮ったのだが、これが晶子が歌っているシャガだった。

牛若丸はこの花のようにりりしい少年だったのだろうか。しかし同じ博物館の弁慶についての展示を見ると「日本人にとって弁慶抜きの義経はわさび抜きの寿司のようなものである。」といきなり書いてあって、りりしい少年の牛若もサビ抜きの寿司呼ばわりされているのだった。

私は博物館の受付で牛若丸の手ぬぐいを買った。確か京の五条の橋の上で牛若丸が弁慶をやっつけたはずなのだが、私の脳内牛若丸はその後お椀の舟にのって鬼退治して打ち出の小槌を持ってお姫様と結婚してしまう。どこでこんがらがったのかサビ抜きの寿司どころではない。手ぬぐいも買ったことだしせっかくなのでその辺の古典や歴史書などを読み直そう。

京都にいるとめったに京都を歩かない。友人達が訪ねてくれるのはいつもいい機会になるのだが、一人でももっとこういう時間を作りたいと思う。
[PR]
# by warabimochi57 | 2012-10-08 23:03 | Comments(0)

木太刀もて岩を斬りたる遮那王の

木太刀もて岩を斬りたる遮那王の
やと云う声に似る歌無きか

与謝野寛

a0058784_0465649.jpg


札幌から二十年来の、もうすぐ三十年になるが、友人達が来て鞍馬山を歩いてきた。叡山電鉄を終点で降りて、大きな鞍馬天狗の面の前を通り仁王門をくぐって鞍馬寺に参詣する。

運動不足の体には応えるけれど、九十九(つづら)折を少しずつ歩いては小さな神社や地蔵にお参りし、義経の供養塔をふーんと眺め、ちょいちょい休憩しながら上るのは楽しい。季節もちょうどよくて連休の中日でもあり、山道は善男善女で賑わっていた。

参詣コースの中ほどにある転法輪堂には高さ一丈六尺(5メートルぐらいか)という阿弥陀如来が鎮座している。美しいぴかぴかの阿弥陀さんを拝んでいたら、正面に陣取っていた参拝客の一団が、六、七人のグループだったろうか、般若心経を唱和し始めた。

行きがかり上、御堂に正座して合掌しつつお経を聞きふと阿弥陀如来の尊顔を見上げたら、そのまなざしがつい先日急逝した友人の目元にそっくりに見えてきた。同行している友人達とはご縁の無い方なのでそんな話はしていなかったのだけど、知らない人がお経を唱えているのを聞いているうちに急に涙があふれてきて、同行の友人達は驚いたことと思う。「こないだ亡くした友達を思い出して」と泣き笑いする。

お参りした後外に出て、また山道を歩いていたらしかし、その友人を亡くしてから初めて爽やかな風というものを感じた。風が吹いても爽やかだとも涼しいとも思わずに、ただ何を感じてよいのかわからないような喪失感の中にいた自分の心が事態を受け入れる態勢に入ったのかと、阿弥陀如来が導いてくれたのだろうかとふだん信心もしていないくせに思う。

かけがえのない人を失くしてもなおかけがえのない人々と居る。牛若丸や弁慶の旧跡を偲び、与謝野寛、晶子の歌碑を見て貴船神社の近くで鮎茶漬けを食べた。阿弥陀さんのまなざしを思い出すとまた涙が出てしまうけれど、そのうち彼の岸に渡る順番も来るだろう。それまでは淡々と自分のやるべきことをやれと叱咤する友人の声が聞こえる。やるべきことをやりたいと思う。
[PR]
# by warabimochi57 | 2012-10-08 00:49 | Comments(0)

優先順位の問題

にんにくをたっぷり利かせた焼き野菜のマリネというのに凝っていて、お弁当に持っていったところ、通勤のリュックの中に滲みだして我らが杉本孝司先生の「意味論2-認知意味論-」という本がすっかりマリネ風味になってしまった。

リュックの中が大惨事になったのは三度目で、一度目は図書館で借りたチャペックの「こまった人たち」という本が崩壊して弁償したのだし、しかも面白くて自分も欲しかったから2冊買う羽目になり、二度目はジェフリー・アーチャーの"A prison diary II"が子鮎の煮付けにまぶれて飴色のべとべとになりリュックが再起不能になったのだし、そして今回は遅ればせながら外大時代の不出来を取り戻すべく恩師の本を今更熟読、を始めた途端にこうである。

幸い今回はリュックには被害はほとんど及ばず、本も気にしなければそのうち乾いてしみが残る程度ではあるが混雑した通勤電車の中でマリネの香り高い本を広げるのは気が引ける。この本はきれいな状態で置いておきたいけれどもう1冊買うのは少し高い。悩むところである。

杉本先生はそろそろ定年ではなかったか。うすらぼんやりとしている間に得難い機会を逃しているのではないか。朝になったら明るい光でリュックを点検してそしていろいろと優先順位を見直すことにしよう。

でもその前にリュックの中でお弁当やら水筒がこぼれないようにすることをまず私は学習すべきのような気がしないでもない。
[PR]
# by warabimochi57 | 2012-09-24 23:17 | Comments(0)

告示

役所に勤めていたころ、役場の前に大きなガラスの扉がついた掲示板があって、なにか条例が変わったとか住民に必ずお知らせしなくてはならないような事項はそこに貼りだして告示していた。但し住民がそれを読んでいるのは一度も見たことがなかった。

ふみカードというのが昔あった。テレフォンカードとかオレンジカードなどが出回っていた頃、郵便局で切手やなんかを購入することができて、私はそれを一枚いつか使おうと思って取っておいた。先日、郵便局に行く用事があったので今こそふみカードを使おう!と思って窓口で「これで切手ください」と差し出したところ、それは2006年に民営化された時に廃止になり、2011年の9月までで払い戻しも終了しましたと言われて500円の金券だと思っていたカードはただのごみになってしまった。

私は郵便局のヘビーユーザーだけど、使えなくなりますよというようなお知らせは見た記憶がない。ネットで検索してみると「ふみカードが使えなくなってた!ひどい」というような訴えに「テレビでも新聞でもやってたじゃん。見てないアンタが悪い」とか「年賀状のちらしと一緒にお知らせを配るべきだ」とか「郵便局員だけどあんまり周知してなかったよね」とか、似たような間抜けな人もいたようで既にたくさんの事例が報告されていた。もらった時は期限つきでなかった金券が知らない間に無効になってしまうというのはひどいと思うけれど、恐らくは法律に従って定められた方法で、たとえば誰も見ていない役場の前の掲示板とか、郵便局の前の掲示板とか、そういうので告示というのは行われていたんだろうなと、告示っていうのは知らせるのが目的というよりは「知らせたからね。後で文句言ってもしらんぞ」というのが目的なんだよなと今更気づいた次第です。

久々の更新にどうでもいい話をしてしまった。無料のブログによってはあまり更新しないとある日消えちゃったりすることもあるらしいので、エキサイトがどうかは確認していませんが、またぽつぽつ書いていこうと思います。とりあえず生存報告まで。
[PR]
# by warabimochi57 | 2012-09-17 19:03 | Comments(0)

LE JOUEUR DE FLÛTE DE HAMELIN(ハメルンの笛吹き)

ちょっとラジオ講座を聞いただけとかテキストを買ってきてちょっと読んでみただけとかを含めて、勉強してみようと手を出した言語は20近くになるのだが、その中で最短で挫折した記録はドイツ語で3日と続かなかった。挨拶さえ覚えずにたしか2日ぐらいでやめたと思う。

そんな訳で一言半句もわからないドイツ語の絵本を2冊も買ってしまった。京都駅の伊勢丹でリスベート・ツヴェルガー絵本原画展をやっていたから。

展覧会は昔、瀬棚町で見た佐藤国男版画展と並んで今までに見た中でも一番よかった。帰らなくてもいいならもっとずっと見ていたかったし、出口に売っている絵本やら絵はがきも足が痛くなるまで選び抜いた。絵本は小さいのだけど3冊で、ドイツ語の2冊ともう1冊は英語で中国の民話を書いた「ナイチンゲール」というもの。ヨーロッパ調の絵しか見たことがなかったのでこの人の絵柄でアジアを描くとどうなるのだろうと思ったのだが、あまりにぴったりとなじんでいるので、もともとこんな絵をいつも見ていたような錯覚がするのだった。

結構な散財になった。そのうちもし万一気が向いたら、ドイツ語も勉強したいと思う。
[PR]
# by warabimochi57 | 2012-05-25 23:26 | Comments(0)

謹製 さつき


by warabimochi57
プロフィールを見る
画像一覧