絶景かな絶景かな

今年の春は桜の季節に南禅寺の三門に上って「絶景かな絶景かな」をやりたいと思っていたのだが雨続きで、たまに晴れる日には用事があって果たせないまま学校が始まり私はまた五十の坂を目の前にして一年生になった。今日は研究室のガイダンスが終わって、夕方から新歓コンパということでその合間にうちが近いのでいったん帰ってコーヒーを飲んでいる。

研究室は適当に自分の領域を確保している人々はいるけれどみんなに机がある訳ではなくて机だのパソコンは共有物ということらしい。だから空いてるとこで適当に研究するといいみたい。ガイダンスで先生は昔は研究室に住み着いているような学生がいたけれども昨今の学生は帰属意識をあまりもっとらんようだ、というような話をされていた。新参者としてはしかし、先住者の領域を侵犯せずに住み着ける場所があるのかどうか、どこに座っていいのか、もくもくとPCで作業している人々に話しかけていいのかすらわからないのでしばらくは様子見ということになりそうである。

学業はもう満遍なく全面的にどこからどこまでも足りないし課題山積なので迷いもなくて猛進するのみである。幸いよき指導者に恵まれて-これは人生の幸せの一つだと思う-やるべきことは目の前にあり、際限なくあり、あとはただただイノシシのように突き進むのである。

桜は見えなかったけれど、今自分の目の前に広がっている未来の景色が絶景かな絶景かな、ということで新歓コンパに行ってきます。新人として新歓コンパに出るのは30年ぶり、暴れないようにおとなしく飲みたいと思います。
[PR]
# by warabimochi57 | 2015-04-10 16:59 | Comments(0)

改心

宇野千代は死なない、と思っていたのにもう亡くなってから20年近くなる。長いこと本棚で眠っていた晩年のエッセイなどを少し時間を取って読み返した。晩年の著作は同じような話の繰り返しが多いのだがそれでも面白い。この人の作品には嫌味がない。私はポジティブシンキングが嫌いなのに宇野千代が好きなのは、わざとらしさがないからだと思う。「つらいねえ、でも明るく生きようよ」ではなくて本人が芯からつらくないと言っているのだからつらくないのだろう。それが信じられる。私はつらいのにつらくない振りをするのが嫌いなのだ。つらいのはつらいでいいではないか、つらいんだから。でも本人がつらくないと言っているならば、それを疑う理由はない。つらいでしょう、は大きなお世話である。

どのエッセイだったか忘れたが、自分が夢中になっていたものがくだらないことだと気づく、でも客観的に見られるようになって嬉しいというような話があった。少し話は違うが、うぬぼれて調子に乗っているような時にいきなり自分のバカを思い知らされるようなことがある。というか、そもそもバカなので調子に乗っていれば必ず100%の確率でどこかで思い知らされるのである。それは「客観的に見られる嬉しさ」と裏表である。まず思い知らされて、しかる後に客観的に見られる嬉しさがくる。世の中はうまくできている。

さて、遅ればせながらの受験勉強は無事に終了し、春からは大学院博士後期過程に進学することになりました。今まではなんとか糊塗してきたもろもろを、糊塗でなく根本からちゃんと実力をつける必要に迫られた、というか、面接官の先生方には糊塗なんかばればれなんだけど「入ってからちゃんとやるんだろうな」という信頼を担保に入れていただいたのである。非常にやばいのである。神様モヤモヤ様、今度はちゃんとやります。またごまかして糊塗しそうになったらちゃんと思い知らされて客観的に見られるように力をお貸しください。

たくさんのご支援をありがとうございました。今後とも引き続きご指導ご鞭撻をどうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
# by warabimochi57 | 2015-02-23 20:28 | Comments(0)

正月さんがござった

a0058784_12141287.jpg

新年明けましておめでとうございます。

このお節はもう全部食べました。実家のことは妹たちに任せて、穏やかな初春の茨木市で言語学とコーヒーのお正月、大掃除はしなくても正月さんはござった。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
# by warabimochi57 | 2015-01-01 12:20 | Comments(2)

しわが寄ってもマメなよに

昔、彼と一緒に暮らしていた頃はお節料理をすることはほとんどなかった。北海道から双方の実家に帰省して親たちが作ってくれた物を食べるばかりだった。北海道では年越しがご馳走なので、一人になってからもよそのおうちに招んでいただいておよばれしたりしていた。関西に帰ってきて学校に行くようになってからぼちぼちお節をするようになって、今ではほぼ毎年、子どもの頃母が作っていたものを再現している。

黒豆はしわを入れて炊く。これは田辺聖子の小説によると、「しわが寄ってもマメなよに」という意味だという。昔祖母が大きな巨大な丸鍋を練炭のコンロにかけて日がな一日煮込んでいたのと同じにおいが、ガスの火を弱くした小さな鍋からも漏れてきて、来年十三回忌を迎えるばあちゃんを思い出す。ばあちゃんが生きていた頃はまだぴかぴかしていた私の肌にもしわが寄って久しい。しわが寄ってもマメなよにという黒豆の願いが切実な年になってきた。

この1年は学ぶことの多い年だった。やりたいことも見えてきた。しわが寄ろうが何しようが来年もさらに飛躍しなくてはならない。今年もお世話になりました。皆様よいお年をお迎えください。
[PR]
# by warabimochi57 | 2014-12-30 22:30 | Comments(1)

ねぎと粉チーズのスパゲティ

前回『ねぎと粉チーズだけのスパゲティでもよいではないか』と書いたので責任取ってねぎと粉チーズだけのスパゲティを作ってみた。簡単なのが身上なので炒めたり別にスープ作るとかはめんどくさいのでマーガリンとしょうゆ味。スパゲティをゆでる間にねぎを切ってマーガリンとしょうゆを器に入れてゆでたスパゲティをまぜて粉チーズを振る。所要時間5分10秒。(スパゲティは5分で茹だるやつね。)

ねぎが辛い。薬味ねぎではなくてあえて白ねぎの太いのを辛めに切ったら辛かった。ともあれねぎの種類はお好みに合わせるとして、ねぎ愛好家(なぜか私の友人にはねぎ好きが多い)の皆様にもご満足いただける一品かと思います。コツは粉チーズをたっぷり振ること。醤油はかけすぎると全てが台無しになるので控えめに、しかしねぎには最初に回しかけておいてねぎの香りを移しておく。

栄養は適当にみかんと買ってきた唐揚げでもなんでもいいから補っておいてください。次回は甘めのねぎでやってみようと思います。
[PR]
# by warabimochi57 | 2014-10-16 20:21 | Comments(0)

秋来るらし

夏の間はコーヒーを淹れるのにカップを暖めるという手順を省略していたが(どんな暑い日もコーヒーはホット)カップが冷えるようになり秋が来た。

今日はパルメザンチーズを買った。どこにでもある、安い洋食屋のテーブルに載っているような粉チーズだが、私の中ではなぜかこれは贅沢品に分類されていて、スーパーに行ってもなかなか手が出せないのである。300円程度でそこまで苦しい訳ではないのだが、なにっ、粉チーズ、そんな贅沢なもん買わんでもよろしいという気持ちがどっかにあって、毎度見送ってしまう。それが今日はなんか思い切って買ってみたのだった。これさえあればサラダでも炒め物でも格段に違うしめんどくさいときはねぎと粉チーズだけのスパゲティでもよいではないか。素晴らしい。

そういえば前回書いた300円のTシャツは、その後さらに追加で2枚買って色違いで3枚のTシャツ長者になった。今年の夏はTシャツを買った。秋はパルメザンチーズを買った。そんな2014年です。
[PR]
# by warabimochi57 | 2014-10-11 20:15 | Comments(0)

Tシャツ3枚

若い頃はそんなことなかったのに近年の猛暑はもうだめで、夏の間私は活動していない。汗かきで冷房なしだとずっと汗をかいているのに冷房にも弱い。ただただ何もせずにじっと夏が過ぎるのを待っている。しかし今年は、このまま秋になるのだろうか。まだ8月なのに夜風が冷たい。

この夏したことはといえばTシャツを3枚買った。1枚はいいやつ。2枚は安いのを衝動買い。いいやつというのはミチコ・ロンドンのしかし近所のスーパーに売ってた2千円ぐらいの物で仕事着として通用するし遊びにも着ていけてすぐ首がびよーんとなったりせず、着心地もよくて重宝している。1枚は同じスーパーで500円だった。こちらは首は最初から伸びているという代物なのだが、素晴らしい肌触りで今も着ている。チャーリー・ブラウンの友達の、毛布が手放せないのはライナスだったか、あの子のように手放せないTシャツ。そして3枚目は300円でこれも同じスーパーで今日買った。まだ着ていないのだが膝丈でパジャマになるしもしびよーんとならなかったら下に黒いアンダーを合わせたら外にも着ていける感じ。なんかこれも凄くいい予感がする。

という訳で、今年は2800円でTシャツを3枚買って、3枚とも大当たりな気がするそんな夏でした。もしこのまま秋になってくれるなら、明日からぼちぼち活動してもいいかなと思っている。
[PR]
# by warabimochi57 | 2014-08-31 23:31 | Comments(0)

夢に出てくるウザい人

夢の中の自分は今の自分と人格が違うのはなぜなんだろう。昔あんな風だったかどうかはもはや記憶にないのだが、素朴な10代ぐらいの感じ。まず人付き合いを嫌がっておらず、他人の好意をめんどくさいとか思わず、わりと楽しくやっている。どう考えても今は、人付き合いは縮小したいし、友達を増やす気はなく、他人の好意はめんどくさいし、ひねくれてるのが通常営業なので明るく楽しく元気よく生きている人を見るとついウザっとか思う訳なのだが、そしてそれを一切反省する気はなくてこのまま死ぬ予定なのだが、やっぱどっかに人間というのは自分も知らない素朴な人格を持っているのだろうか。

主観的には若い時の方が開き直れなくてしんどかったのだが、開き直れない上に自意識過剰で色々人間関係に躓くことも多かった。普通にしてたらいいんだよと若い時の自分に声をかけてやりたいと思うけど、夢の中ではごく当たり前のように「普通に」している。実際はそういう自分は過去にもどこにもいなくて、夢の中にのみ存在する訳で、まあ現実世界では自分はこのねじくれた冷め切った人のままで充足している。それでいいのだろうと思う。
[PR]
# by warabimochi57 | 2014-06-18 19:00 | Comments(0)

1日24時間

最近不思議なんだけど私以外の人はみんな1日が30時間ぐらいあるんではないか。そうでないとなんでみんなは仕事もし、遊びにも行き、本も読み、人によっては介護をしたり育児をしたり、親戚づきあいもしたり草むしりもしたりテレビも見て料理もして酒も飲んだりできるのか理解できない。わしゃ1日24時間あるわけだがそのうち半分ぐらいは最低でもだらだらしたいし寝る時間もいるし休憩する時間もいるので、それを差し引くとあとはご飯食べてシャワー浴びるぐらいしかできない。本当に世の中の人々は人間なのか。わしだけが人間でみんな機械なんじゃないかと思う今日この頃。

近況報告をしておくと、前回書いた塾はやめました。がんばってたら体壊して2月後半は仕事にならず自分の勉強もできなくなって何をしてるんやらわからなくなったので。その後職場にインド人の先生が短期滞在でやってきてそのサポートなどで忙しくなり(ちなみにこの先生は非常にありえないほどパワフルで、めちゃめちゃフレンドリーで尊敬できる人)しかし4月の始めごろには友達と文楽を見に行ったり半ばには別の友人達と琵琶湖の漁師さんの舟にのって海津大崎の桜を見に行ったりもしてたらあっという間に連休になり、うだうだしている間に今年も半分過ぎようとしておりいつものようにこんな筈ではない日々であります。

学校にはやはり週1で行っていてお世話になった箕面の学舎で三原先生の学部の授業を聴講させていただいています。で、冬の受験に備えて言語学と英語とを少しずつ勉強する日々。言語学は相変わらず悪戦苦闘していますが、英語が大体勉強し始めて20年あまりにして(つまり20代半ばごろ始めた)ようやく少し面白くなってきたかなあというところ。これを手段にしてこれから言語学を攻略しようという、半年ほど前に先生に「いつまでモラトリアムやってるのか」みたいなことを言われたけどほんま、いつまでやってるんやらこの調子では命が尽きるほうが先かもしれません。やりたいことはたくさんあるけど1日は24時間しかなく何しろ休むこととゆっくりすることには手を抜かないようにやっています。ゆっくりゆっくり亀の歩みを重ねたいと思います。
[PR]
# by warabimochi57 | 2014-05-06 23:22 | Comments(0)

天使たちに出会った日々

さて、前回書いたように、年明けに襲来したモヤモヤは、刑事コロンボのようにいったん帰ったと見せかけて「あ、そうそう」とか言ってまた戻ってきて、年明けにオファーをいただいていたとてもよい仕事の話を「あれ、やっぱりなしな。」と言ってなかったことにして持っていってしまった。それはそもそも棚からぼた餅が降ってくるような話だったのでやっぱり絵に書いた餅は食えないという事実を確認する。

さて、絵に描いた餅は食えないのだが霞を食うても生きられないので本職の他に少し塾の先生のアルバイトをしている。それが受験シーズンで忙しくて、この1月はフル回転で働いていた。小さい塾で私立文系を受験する高校生たちを1ヶ月だけつききりのような形で見ていたのだが、これがよい経験になった。塾の先生は本職でしていたこともあり、バイトもいれると随分やっているのだが、いつもうまくいったとは限らず、教え方が下手な時もあったり子どもたちに手を焼いて全然うまくいかないこともあったのだけど、今回はその高校生たちのひたむきな姿に教えられることばかりだった。

仕事が終わってから行くので体力的にも結構きついのだが、さすがに受験生は目標をもって日々成長している。そのエネルギーがこちらにも伝わってきて、こちらが教えられているような気さえする1ヶ月はあっという間だった。私はひそかにその子らを「私の天使たち」と心の中で呼ぶようになった。主に英語を教えていたのだが、それは英語の知識は年の功で私の方が上だけど目の前の課題に怯まず向かっていき自分の力で自分を伸ばしていくバイタリティはかくありたいと思わされる。高校生に学ぶために行ってでも先生と呼ばれてお金をもらう、もったいないような1ヶ月だった。2月からはシフトも通常に戻り、またそれよりは下の学年の子らと楽しく勉強するのも楽しみである。

という訳で、心は言語学者と自称しているだけで既に1ヶ月経ってしまった。来年の受験を期すならあと11ヶ月、あまりのんびりしている時間はない。高校生に負けないように目の前の課題に向かっていかにゃ。
[PR]
# by warabimochi57 | 2014-02-03 01:06 | Comments(0)

謹製 さつき


by warabimochi57
プロフィールを見る
画像一覧