<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

最強のナイトクリーム

ニベアでもなく、高級化粧品でもなく、ナイトクリームの代わりにオロナインを顔につけて寝るようになってからお肌がしっとりになった。今年は特に空気が乾燥していて肌荒れがひどいのだが、顔にはオロナイン、がやめられない。いや真似しなくていいですよ、肌に合わなくても責任持てませんから。

冬場になって全身、特に足のかゆいのは老人性乾皮症とかいうらしいですが、これは薬局でそれ用の薬を買ってきて塗っています。最近は色んな薬が出ていて結構効くみたい。少なくとも私は薬を塗るようになってからはかきむしらなくなったのでだいぶ皮膚が回復してきました。そのかゆいのとは別に、手荒れにはオロナインを使っていました。オロナインなんてばあちゃんの使う薬だとばっかり思ってたらいつの間にか孫がいてもおかしくない年になっていたこともあり、一度職場で手にヒビが入って出血してしまったときに、救急箱の中にあったオロナインを使ったところこれがぴたっと効いたので、自宅にも常備するようにしたのです。

顔は足ほどかゆくもなく、手ほど荒れてもいないのでほぼ放置していたのですが、やっぱり冬場はかさかさになる。貰い物の高級なクリームをつけてみてもこんなもんかなあ?という感じだったのですが、オロナインを試しに使ってみたらこれはびっくりのもちもち肌になりました。私は別に大塚製薬の回し物でもないし上にも書いたとおり、こればっかりは個人差があるので私に効いたからって他の人に効く保証は全くないのですが、個人的に最強のナイトクリーム発見!です。

足のかゆいのも、皮膚科へ行くのが最善手だろうけど、かゆいかゆいと思ってるよりは薬買ってきてつけたほうがましだった。ましになった。ということで老人性乾皮症なんて言われるとなんかばばくさい気分になるけどそこは開き直って、しかしもしただいま92歳のアーリアの年まで生きるとしたら後人生の残り半分「老人」かよとも思うけど、なんとか冬場の乾燥を乗り切っていきたい。ということでオロナイン顔に塗って、足に薬塗って寝ます。おやすみなさい。
[PR]
by warabimochi57 | 2013-11-21 22:28 | Comments(0)

マウスピース装着

追記マウスピースを「踏みしめる」はおかしいか。普通は「噛み締める」やな。しかしこの肩凝りが起きるようにずっとあごの辺りに力が入っている様子は噛んでいる訳ではなくやはり踏ん張っているのだと思うので、そのままにしておきます。


というわけで、マウスピースを装着して寝るようになった。

効果のほどをレポートしたいのだが、これが思ったより難しい。本人寝てるからなあ。効果があるのかないのか。

確実に言えることはマウスピースをつけてから歯軋りをしていないということ。物理的に歯と歯の間がブロックされているのでしたくてもできない。結果として、もし歯軋りの音に悩まされていたご近所さんがいるならば、そこは改善したはずである。今のアパートは鉄骨なので木造よりはましだけど案外音は響く。そして今後なんらかの事情で他人と寝起きする必要が生じた時、例えば大部屋に入院するとか天災で避難するようなことがあったとしても、もし地震だったら持って逃げられるのかはともかくとして、ここを気に病まなくて済むのは有難い。

肩凝りは軽減した。というか、朝が来るのと同じようにやってきていた左肩の痛みがなくなった。寝ていたからわからないけれど、今まで寝ている間ずっと踏ん張っていて苦しかっただろうと思う。

当然ながら違和感はある。そして歯を擦ってはいないのだけどマウスピースをどれだけ踏みしめていることか、その辺はわからない。左肩が楽にはなったけど、まだ寝ながら力を入れてがんばっているのかも知れない。理想的には、マウスピースを取ってももう歯軋りしなくなれば一番いいのだけれど、そうはいかないのだろう。とりあえず今までのところは、左肩が楽になったからよしとしている。しばらく装着を続けて、装着の習慣が身についたらまたいっぺん取ってみて様子をみたいと思う。
[PR]
by warabimochi57 | 2013-11-10 13:47 | Comments(2)

マウスピース作った

楽器を買ったのではない。無論重量挙げを始めたわけでもない。最初に示唆されたのは以前の歯医者だった。歯が磨り減っている。歯軋りするでしょ、このままだと60歳になったら自分の歯が1本もなくなっちゃうよ。マウスピースを作ったほうがいいね。

ごもっともなご託宣ではあったのだが、その脅すような言い方が気に入らなくてその歯医者では作らなかった。引越して歯医者も変わり、そもそも歯医者好きなのでまた新しいところにせっせと通い始めたのだが、今度の先生はマウスピースを作ったらとは言わなかった。

そうすると何しろへそまがりなので一丁作ってみたらどうやろかと思い始めたのである。歯軋りは昔からひどくて、普通は自分では気づかないというけれど、私はしばしば自分の歯軋りがうるさくて目を覚ます。父も歯軋りのひどい人で、実家の木造家屋に寝ていると2階で寝ている父の歯軋りが階下で寝ていてうるさい。これをわが賃貸住宅にあてはめると、かなりの高確率で寝ているだけでご近所に迷惑をかけている。旅行先で同室の人に他の部屋に逃げていかれたこともあるし、フィールドワークやらバックパッカーの宿なんかでは自分が気になって眠れなかった。

ということで、今の歯医者は結構気に入っているのだが特に勧められなかったので、ネットで調べてマウスピースを売りにしている歯医者に当たりをつけて、今日は半日仕事を休んで型を取りに行った。保険も利くのだが、私は前歯がひどいオープンバイト、早い話が出っ歯なのでそこにマウスピースをつけてもあまり意味がないという。しかし奥歯ならなんとか意味があるので今日型を取って次に行ったらできている。どの程度効能が期待できるのか、たとえば肩こりが軽減するというけどほんとなのか、その辺りのことはまた追って報告したいと思う。
[PR]
by warabimochi57 | 2013-11-05 21:03 | Comments(0)

謹製 さつき


by warabimochi57
プロフィールを見る
画像一覧