<   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

術後7年

ちょっと軽く咳をしただけで呼吸器外科の先生からは「うん?その咳は?」とチェックが入った。「いえちょっと風邪気味で」と言葉を濁す。左肺の上半分を切除する手術から7年、今年も定期検診を異状なしでクリアすることができた。朝CTを取って午前中には先生と一緒にその画面を見る(見てもわからないけど)。以前はCTの結果が出るのにもう一度足を運ぶ必要があったのに。7年の間には医療技術も更に進歩し続けている。

7年前、癌の診断が下った時、実家には小学生の姪が来ていて子どもの前で話したものか考えたものだがその子らは大学生になり、今自分が死んだらこの子は私を覚えていないだろうと思った幼い甥は春から4年生に、影も形もなかった姪は年長さんに、そして元気だった両親はそれぞれに倒れたり年老いてでもなんとか今も普段は二人でやっている。どうか2年生き延びて留学したいと切望してアデレードに渡り、英語にも言語学にも四苦八苦してどうにか修士をもらって、帰ったら仕事はなくてまた転職を重ねて、その間にネットを通じて知り合って急速に親しくなり、何も説明しなくてもお互いに言いたいことがわかって気を使うこともなくいられた同い年の友人は、私よりずっと後に発病したのにあっという間に病気が進行して亡くなってしまった。元気に生き延びられたという喜びはいつも「でもあの人がいない」という悲しみと裏腹で、今回たまたまこっち側にいる自分も次はあっち側に渡る番かも知れない。遅かれ早かれそのうち順番が来るという思いに、しかし私は救われてもいる。

言語学に目を開かれた大阪外大は阪大に合併されてしまった。しかし春からまた私は、科目履修生として阪大に通う。外大時代にお世話になった杉本先生があと1年で退官されるその最後のゼミに間に合うことができた。生き延びたら生き延びるだけまた欲が出る。欲張るという贅沢な楽しみがある。最近は老眼やら更年期に悩まされることも増えてきたけれどぼちぼち折り合いをつけていこう。そして死ぬ時には「ちゃんちゃん」とつぶやいて死ねるようにネタを、いや精進を重ねたいと思う。とりあえず若いもんに、いや現役学生に取り残されないように、科目履修の認知意味論演習だったかなんかそんなのを、ぼちぼちがんばりたいと思います。あと7年また生きるぞ。無理するなよ。(自戒)
[PR]
by warabimochi57 | 2013-03-25 22:35 | Comments(0)

謹製 さつき


by warabimochi57
プロフィールを見る
画像一覧