<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

バレエで話す人々

日本語が一言もできないフィンランド人を、フィンランド語はもとより誰も英語を話す人もいないバレエ教室に置き去りにして帰ってきた。

ベンラは職場に1ヶ月の予定で滞在していて、京都市内のウイークリーマンションに住んでいるのだが、1ヶ月の間にもバレエに通うのだといって、道を歩いていてバレエ教室を自分で見つけてきた。そして職場の学生に頼んで電話をして問い合わせてもらい、体験レッスンにその学生がついていくことができなかったので私にお鉢が回ってきたのである。職場に滞在する外国人の世話をするのは私の仕事の一環なのだが、さすがに勝手にバレエに行くのに付き添うのには残業代は出ない。しかし、私も留学していたときに自分が世話になった分を順繰りに返す番なのだろう。次はフィンランドに来た人にベンラが手を貸してあげればたぶん世界がうまくまわる。

ベンラは北欧系の長身の美人なので、教室に入っていくと小さなバレリーナたちがびっくりして見上げている。レッスンのお金はいついくら払えばいいのか、私は必要最低限のことだけを助手みたいな人に聞いて本人にはI'll talk to you later.とだけ言って、置いて帰ってきた。

ベンラは持参したレオタードに着替えて、練習用のバーの一角を高校生ぐらいの女の子たちが場所を空けているところに入っていった。お互いに全くことばは通じないのだけれど、身振りでそしてバレエで会話をしている。バレエで会話をする人が実際にいるというのがちょっとした衝撃だった。

わずか1ヶ月、全く別の目的をもって異国に滞在するときに、その国のことばも全くできないのに、道でみつけて週に2回習いに行って、コミュニケーションができるような何かをもっている人生というのはどんなのだろう。最初からそのつもりで、当たり前のようにレオタードやらトウシューズやらをもってきているベンラにも驚く。そして小さなバレリーナたちは今日いきなりやってきた長身の、本物の白鳥のように白いバレリーナのことを家に帰ってあるいは明日学校でどう話すのだろう。

少し心配がないでもなかったけれど、そのままほったらかして帰った。バレエで会話をする人々の楽しみに少しは手を貸すことができただろうか。
[PR]
by warabimochi57 | 2012-11-26 22:48 | Comments(0)

流れ着いた観音さま

長浜市にある川道千手院には、二体の千手観音像が安置されている。伝承によるとご本尊の観音さんは川の上流から流れてきたもの。そして、もう一体は、その観音様が夢枕に立って「私と同じ形を彫って、誰かが私を尋ねて来たらそれを差し上げよ」とおっしゃったので同じように彫ったけれども誰も尋ねてくる人はいなかった、ということである。(「湖北の観音さま」長浜み~な協会編による)

a0058784_22385220.jpg


この身代わりの観音さまは、秘仏であるご本尊の隣の厨子に安置されて、なんの指定もない仏さんだったのだが、実は(伝承とは違って)平安初期の作とかでいきなり国の重要文化財に指定された。そして、今年はご本尊の17年目の中開扉ということで、今日まで盛大な法要が営まれ、二体の千手観音にお参りする機会を得たのだった。

世の中に仏像好きな人がいるということは知っていたし、仏教美術というものもあるらしいことは認識していたが特に信仰を持たず、また美術にも歴史にも疎い私にはまるでご縁のないものだった。ところが、先月は鞍馬の阿弥陀如来を訪ね、今月は祖父の五十回忌のお下がりに両親が上述の本を配ったりしていたものだから、ご縁に導かれるように阿弥陀さんやら観音さんやらの仏像に出会うことになった。

およそ出会いとはそういうものなのだけれども、昨日まで縁もゆかりもなかった仏像に心が惹かれてやまない。とはいえ急に信仰が芽生えた訳でもないので、信仰を持つ人々の邪魔をしないようにひっそりと仏像を愛でる、そういう人になろうと思う。仏さんは太っ腹やから不信心の癖に仏像だけ好きになるとは何事、みたいなせこいことは言わはれへんであろう。

16年後の次の開帳にも間に合ってお参りすることができるだろうか。ご本尊の扉はまた閉じられ、この琵琶湖畔の田舎の寺に籠もられてしまったけれども、身代わりの仏さんには毎年十一月にお参りできる。またお尋ね申し上げたいと思う。
[PR]
by warabimochi57 | 2012-11-12 00:21 | Comments(0)

謹製 さつき


by warabimochi57
プロフィールを見る
画像一覧