<   2008年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

新発見

シミーと私の最近の新発見

ネットサーフィンをしていたら時間が飛ぶように過ぎる、ということはもとから知っていた。ところが自分達の本来の勉強をちゃんとやってたら、なんとネットで遊んでいるよりも早く時間が過ぎる。

お尻に火が点いてどうにもならなくなってきた我々の最近の発見でした。
[PR]
by warabimochi57 | 2008-03-31 19:37 | Comments(0)

電気を消す試み

昨晩いつもどおりの時間に家に帰ったらリズがプリプリ怒っていた。アースアワー(英語の記事へのリンクです)、みんなで一斉に1時間電気を消して地球のエネルギー問題に貢献しようという試みをみんなまじめにやってないじゃないか、というのである。

リズは電気を消すのにローソクを買って、もし火事になったらどうしようとずいぶん心配して、私に「たった1時間ぐらい大丈夫ですよ」などと言われつつ、気合を入れてこの時に備えていた。昨晩は道路の街灯やなんかも一斉に消えるものと思って、どんなに空が綺麗に見えるだろうと楽しみにしていたという。

ところが時間になっても街灯は一向に消えないし、向かいの家は赤々と電気をつけたまま平気な顔してるしどういうことなのさ!私の努力は何?と頭に来たらしい。シティーはどうだった?というので「ハングリージャック(ハンバーガーショップ)辺りは普通に営業してましたねえ。ふだんの日とそんなに違いは見えなかった」というと、「そんなのアンフェアだ」という。私に言われても知らんがな。

街灯というのは通常、必要だから点いているんですね。世の中にはなんでこんな誰も通らないところにこんなに明るい街灯がこんなにたくさん!と思われる街灯も存在するんですがそれだって政治的に必要だから点いているんであって意味もなく点いているんではない。だから家や学校や企業が電気消すのはいいけど街灯も一斉に消えたらそれは危ない、と思うんだけどリズはもっと、いっせいに停電するぐらいの勢いだったらしい。そんなに気合入れなくてもしょせんパフォーマンスやし。。。なんて余計なことは言いませんでした。

そんな生真面目で神経質なリズとの生活はまだ今のところ快適に続いている。少なくとも私が切れる要素はない。猫ともなんとか共存している。このささやかな平和が続くといいんですが。
[PR]
by warabimochi57 | 2008-03-30 12:36 | Comments(0)

繁次郎のDVD鑑賞会をやりましょう。

何その、繁次郎、繁次郎って(コメント欄で)絶賛してるけど見たことないよ、なんなのさという皆さん。太っ腹な主催者のご厚意によってそのうち私の手元にDVDが届きます。著作権者自らコピーOKという太っ腹ぶりです。

4月中旬にまた検査のために帰国するんですがそのころまでに届くかどうかはわかりませんが、もし届いてたら鑑賞会をしましょう。つきましては関西方面で適当な場所(誰かの自宅とか)で開催可能な場所がありましたら私信でお知らせください。参加を希望される方もお知らせください。

あうあう、今からアースアワーだかなんだか、せーので1時間電気を消さなきゃいけないらしいんで取り急ぎ、繁次郎みたい方募集のお知らせでした。
[PR]
by warabimochi57 | 2008-03-29 18:26 | Comments(0)

余談

Appendixだけあって中身が何もない修論(しゃれになってない)を書いているだけあって、本論なしで余談だけのブログも書きます。

こないだ英会話教室で犬の絵を書かされました。「はい、みなさん犬の絵を書いてみてください。時間は2分」

あれですよ、性格占い。あなたの犬はどっちを向いていますか。犬がこっち向いてたらあなたはおしゃべりな人です。左を向いてたら物静かな人です。右を向いてたらクリエイティブな人です。
犬が紙の真中にいる人は神経質です。上のほうにいたら落ち着いています。耳の大きい犬は人の話をよく聞きます。エトセトラ、エトセトラ。

これを見て、なぜ音声学の教科書に出てくる人の絵はいつも左を向いているのか、という問題を思い出した。それは、なぜ魚の絵はたいてい頭が左にあるのかというのとも関連しているらしい。授業でやったんだけど答えは忘れた。というか答えはなかったかもしれない。ご存知の方がいらしたら教えてください。

というようなことを考えながら、隣のアーリアの絵を見たら、犬なのにくちばしがあってそれはどう見ても始祖鳥にしか見えなかった。その隣のメリリンの犬はまつげが長くて、数年前に流行ったかわいい顔なんだけど犬というよりはカバに近い。思わず絶句していたらメリリンが私の絵をのぞいて「それはハローキティ?」

みんな!犬の絵を描こうよ。キティとかカバとか始祖鳥でなくてさ。性格判断はそれからだ。ていうか、君らの性格はどう見ても「へそまがり」だと思う。

じゃあ、まっすぐなへそがあるのか、とへそまがりな私は思うんですが。
[PR]
by warabimochi57 | 2008-03-27 18:45 | Comments(0)

今までの人生で見た映画を全て挙げる試み 最終回

追記:よく考えたら刑事コロンボは映画じゃないのか。でも映画みたいなもんだからいいことにしよう。

さあ終わらせるぞ。

56.刑事コロンボ

声は勿論小池朝雄で、後でピーター・フォーク自身の声を聞いて「違う」と思った。いっぱい見た中で好きだったのは手品師が犯人でコロンボが断頭台に首を突っ込んで殺されそうになるもの。評判の割に私は今ひとつだったのは「別れのワイン」かな。

57.恋人達の絆

もとはTVドラマらしいのですが、劇場公開もされて私はテレビで映画として見たので挙げておく。ピーター・フォーク主演のシリアスドラマで恋人がいなくなるシーンで泣いた覚えがある。

58.なんとか駅で

なんとか駅、じゃなくて地名なんだけど忘れた。登場人物がフグの代わりにサンマを殺したことだけ覚えている。

59.ステラ

うーん、忘れた。

60.カイロの紫のバラ

劇場で見たんでした。忘れてた。内容も忘れた。

61.ウッディ・アレンの重罪と軽罪

タイトルしか記憶にない。

62.ウッディ・アレンのバナナ

同上。

63.タイトル忘れた、なんかすごいバカないわゆるB級ムービー裸の銃をもつ男(かなりA級とのご指摘あり) 

けっこう有名な刑事物だったと思うんだけど思い出せない。主人公が頭からすっぽりコンドームをかぶって「避妊」しているシーンだけ覚えている。

64.雨に唄えば

タップダンスは一時習っていたぐらい好きなのでこれはまた見たい。

65.コーラス・ライン

これもまあまあよかったかな。

66.ペーパー・ムーン

これもまあまあよかったような気がする。

以上終わり。私が今までの人生で見た映画、ビデオ、DVDはこれが全部!なんじゃないかな。ああ疲れた。ここで明らかになった衝撃の事実は

一番多くの回数出演している人は、ウッディ・アレンである。(刑事コロンボを除く)

ということでしょうか。そして確認された事実は映画は私の人生にほとんど全くなんのインパクトも与えていない、でしょうか。しかし思ったよりはずいぶん健闘してるじゃないか、映画。よし、この後の人生で3つぐらいいい映画にめぐり合えたら合格、ということにしようかな。

ふう、長々失礼しました。次から通常営業に戻ります。おしまい。
[PR]
by warabimochi57 | 2008-03-26 16:15 | Comments(9)

今までの人生で見た映画を全て挙げる試み その9

カレー弁当は今日で終わり。このシリーズも終わる、はず。ほんと、すごい勢いで終わらせる対象が間違っているよなあ。

という訳で本人が飽きてきたのでこの後もう少しジャンル分けを考えていたのだけれどめんどくさいから残りは全部「その他編」

47.天国の駅 吉永小百合

いや、この映画のことは完全に忘れてたんだけど、吉永小百合で検索かけたら出てきたから思い出した。なんで吉永小百合で検索かけたかというと、

48.男はつらいよ 

どれを見たのか誰がマドンナだったかどうしても思い出せない。吉永小百合だったような気がするので調べてみたんだけれどやはり思い出せない。たぶん人生で2本か3本ぐらいは寅さんを見ていると思うのだが、確実なのは1本だけで、それは中学校の映画鑑賞会で見せられたもの。誰だっけなあ、松坂慶子かなあ。で、吉永小百合は「夢千代日記」の映画版も見たかもしれないのだがそれはたぶん上記の「天国の駅」とテレビの[夢千代日記」の記憶がごっちゃになっているだけで、映画は見てないような気がする。

49.おはよう北京

中国語の授業で見せられた。

50.もう一つ、始皇帝を扱った歴史映画

同上。これは面白かった。

51.黄色い大地

これは自分で外大の図書館で見た。不倫した男女が拷問の果てに殺されるところが衝撃的で、他のところの印象を忘れてしまった。

52.サンセット大通り

ということで、外大の図書館ではとりあえず手当たり次第に見てみた。

53.タクシー・ドライバー

自分では見てないと思っていたのだが、妙に細部の記憶があるのでどうも見たらしい。

54.34丁目の奇跡

これは、細川俊之が函館でミュージカルをやった時にも見て、そっちの方がよかった。

55.アパートの鍵貸します

ジャック・レモンはいっぱい見たような気がしていたのだけれどこれと「酒と薔薇の日々」しか見ていないみたいだなあ、たぶん。

(うーん、次回最終回)
[PR]
by warabimochi57 | 2008-03-26 10:14 | Comments(0)

今までの人生で見た映画を全て挙げる試み その8

今日のお弁当もカレーなのだ。学校に電子レンジがあるとこういうことができる。。。のとはあまり関係ないかもしれない。

そろそろ飽きてきた皆さん、もうちょっとの辛抱です。

「英語の授業で見た編」

44.ダイヤルMを回せ

グレース・ケリーですよ。若かりし頃の。きれいですねー、もう一遍見たいな。これはその昔、私がアホだったころ、今もアホだけどそれに若いのが加わって度し難くアホだったころ、最初の大学で必修英語を落として再履修した授業で見たのか、必修ではない選択英語で見たのかどっちか忘れたけどともかく留年して暇だった年の授業で見ました。

45.ニ都物語

マダム・ドファルジェより怖いオニのH先生の授業で見た。私はディケンズ好きで原作に思い入れがあるからどうしても本の方が好きだなあ。

46.クリスマス・キャロル

同上。ということで私は「映画の方が本よりよかった」という作品に出会ったことがない。大体、そもそも「よかった!面白かった!」という映画がほとんどないのである。クリスマスキャロルも原作は大好き、映画は授業だから見ただけ。

(たぶんあと1回か2回で終わり)
[PR]
by warabimochi57 | 2008-03-25 14:31 | Comments(0)

今までの人生で見た映画を全て挙げる試み その7

今日のお弁当はカレーなのだ。学校に電子レンジがあるとこういうことができるんだよなあ。

続いて「日本・中国・英語圏以外の映画編」

39.Tukana- husat i asua

まさか邦題がついているとは思わなかったのだけど邦題「南海の青春」てことでNHK教育で放映されたという情報がネット上にあった。パプア・ニューギニア映画。タイトルのTukanaは主人公の名前で後半は「誰の罪か?」みたいな意味のトクピシン。

最初にトクピシンを習ったS先生の授業で見た。まだトクピシンが全然できなかった頃に見たので今見たら全然違うじゃないかという思いがあるのでもういっぺん見たい。

舞台はBuka島だからママの故郷の近くで、確認してないけど80年代に人類学関係の雑誌にこの映画のレビューを書かれているのはママの亡くなったご主人だと思う。見た当時は勿論そんなことは知る由もなかった。

40.ロージャー

みんぱくでアルバイトしていた時上映会のお手伝いで見たインド映画。カシミール紛争を扱ったものなので政治的には「インド万歳!パキスタンは悪!」という立場のもの。その辺のプロパガンダがいまいち気になって純粋には楽しめなかった。上映会のお手伝いをしていたのでそもそも楽しむ立場ではなかったけど。

41.灰とダイヤモンド

ポーランド映画。アンジェイ・ワイダ監督の有名な作品だけどほとんど記憶にない。

42.もう一つポーランド映画

二人の少年が脱出する物語。タイトルやら細かい内容は忘れた。

43.禁じられた遊び

これはいいですね、よかった。もう一回見たい。内容忘れたけど。

(恐らく続く)
[PR]
by warabimochi57 | 2008-03-24 13:48 | Comments(0)

今までの人生で見た映画を全て挙げる試み その6

うさぎは頭だけ食べました。

続いて「何かが印象に残っている編」です

35.ロミオとジュリエット

ジュリエットをやっていたオリビア・ハッセーの大きなおっぱいが印象に残っている

36.今を生きる

やんちゃ坊主の一人がいたずらが発覚して罰を受けるシーンが強烈に印象に残っている。彼は校長室に呼び出されて、お尻をばんばこ(うちの地方で雪かきの時に使うひらべったいスコップ)のようなもので殴られるのだが、お尻を突き出した姿勢で、殴られるたびにその数を数えることを命じられて、「ひとーつ」「ふたーつ」と数えながら殴られる。それを見て私はなぜかセイ的に興奮してしまった。

この映画は感動的な映画だという人が多いのだけど、私はひとっつも感動しなかった代わりにあの少年が殴られるシーンだけが脳裏に焼き付いている。

37.12人の怒れる男

ヘンリー・フォンダの渋い演技がよかった。

38.酒と薔薇の日々

アル中は体質的にないと思うけど、アディクションは他人事ではないので色々と心に染みるものがあった。

(たぶん続く)
[PR]
by warabimochi57 | 2008-03-23 15:44 | Comments(2)

今までの人生で見た映画を全て挙げる試み その5

どんどん行きましょう。

「挿入歌を聞きたくて映画を見た編」

29.卒業

それと有名なラストシーンを見たくて。

30.ボディ・ガード

ホイットニー・ヒューストンのI wil always love youが聞きたくて見た。歌がいいので映画は別にどうってことなかったけど満足した。

31.ビートルズがやってくるヤァヤァヤァ

リアルタイムで見たのではありません。歌が聞きたいというよりは歴史映画を見るようなつもりで見たんだけど、歌もよかったしよくできたコメディだと思った。

32.フットルース

高校のときにフォークダンスで踊った曲だという理由だけで20年後に外大の図書館でビデオで見た。映画は面白くなかった。

次は「飛行機の中で見た編」です。

33.クールランニング

英語があまり(というか全然)できなかった時だけどそれでも面白かった。

34.ミセス・ダウト

同上。この二つは細かい内容がわかっていないながらもよかったなーという印象がある。

(続く、と思う)
[PR]
by warabimochi57 | 2008-03-23 13:59 | Comments(0)

謹製 さつき


by warabimochi57
プロフィールを見る
画像一覧