賭亦有道 道在節制

論語の一節です。(嘘)

宝くじ売り場みたいなとこに、7ヶ国語ぐらいで、要は「やってもいいけどやりすぎるなよ」みたいなことが書いてあるのだが、この7ヶ国語のどれか少なくとも一つを理解する人々がこれを見て「おおそうか、やりすぎには気をつけてやらなきゃ」と思うのだろうか。中島義道が見たら、オーストラリアよお前もか、というところか。

道在節制かあ。
野菜やなんかが安いので、ぼちぼち節約しては生活費を浮かして学費に廻そうと心がけているのだが、そんな決意を吹き飛ばす莫大な学費の請求が来た。あんまり高いのでちょっとぐらい節約してもどうにもならない。このままではむちゃくちゃな借金の山ができてしまう。でも今のところはどうしようもないので、最悪のシナリオを書いておいて、なんとか軌道修正していくしかないというところか。とりあえず病気が再発せずに元気で働けたらいっぱい借りてもなんとかして返すのだが、返そうと思ったら死んじゃったよごめんね、ということだけは勘弁してほしいな。

ところでイライザちゃんは戻ってきました。鍵も返して出て行ったのに、そして「別世界だったね」と言っていたのは大家さんなのに、私たちには「頼まれても断れ、一人一人に自分の生活があるのだから」と言っていながらやはり戻ってくるというものを断ることはできなかったのでしょうか。しかしもう私は構わないからね、しーらない。

そして伝言用のホワイトボードには「みんな!アパートを綺麗に使ってね。僕が戻るまで」という書き込みがあって、それを書いたのは勿論カリメロなのだが、勿論彼以外の誰一人としてそこらじゅうを掃除してまわるような人はいないので、カリメロのいない現在、アパートはどんどん汚くなりつつあるのだった。これも「道在節制」のたぐいか。

さて、どうやって学費を払うかな。
[PR]
by warabimochi57 | 2007-01-31 19:07 | Comments(0)

謹製 さつき


by warabimochi57
プロフィールを見る
画像一覧