息子の変化

ホストファミリーの息子のアンドリューがもごもごとか「う」とか「あ」ぐらいしかしゃべらなかったのに、どうも最近努力して少し愛想よくしようとしているようです。たぶんホストマザーのジュリーに言われたんだと思う。あまりにも私に仏頂面していていかんだろう、少しはしゃべれ、とかなんとか。

私は別に無理してしゃべんなくてもいいんだけど。無愛想な人が気遣って愛想よくしてくれるほうがなんか大変そうなんですが。まあ確かに気詰まりではあるんですけどね、ぶすっとしてる息子といるのも。しかし家族全員がぶすっとしてたらホームステイも困るだろうけど、彼の両親は明るいし。

ジュリーがたぶん一番気を遣って疲れているようで少し気がかりです。アレックスは少なくとも外面は陽気そのものでいつも「僕は偉大な人だからバナナをもう一本食べるんだ」とかアホなことをいっています。

ところでこのバナナは固くて蒸したりゆでたりして食べるもの、さつまいもの味に似ています。今のところこれは食べられないというものにはまだ出会っていません。おいしかったのはココナツライス、これはタイ人の人がマーケットで売っていたものです。あと、パッションフルーツも初めて食べました。というのも、前に書いた女性の日の集まりの時、私たちの前の皿のフルーツの盛り合わせに4個のパッションフルーツがあったのを、クック諸島のラハパが一瞬にして3個食べてしまったので、つられて残りの1個を食べたのでした。

ふー、あと2週間ぐらい、ジュリー、倒れないでね。
[PR]
by warabimochi57 | 2006-03-12 13:15 | Comments(0)

謹製 さつき


by warabimochi57
プロフィールを見る
画像一覧