今あるカードで勝負する

年齢カードが急速に弱まってきているわけですが、今の時代高齢者もがんばってるからね。

昨日できなくて寝ちゃったことが朝になると少し、「もう永久にできない度」が上がってて、カードは日に日に少なくなってくる。で、やっぱまだ全部シャッフルしたらエースが来るんじゃないかと妄想することが多いわけですよ。こねーよ!今あるカードで残された日々で勝負していくしかない。

ワイルドカード、というのはジョーカーとか鬼札とかそういうのだと辞書に出ていますが、こないだBBC(びわこ放送ではない)の英語学習サイトで、「先の読めない人」、つまり実は大物で大バケするかもしらん、あるいは天才かもしらん、けど単なるアホかもしらん、人とか状況という意味だというのを学習した。自分はワイルドカードやと思ってたらあかんよな、君は単なる「3」やスペードの3ぐらい。

ということで、3,3、4,4、8ぐらいのツーペアだけどフルハウスのふりするのではなくて、今あるカードできっちり勝負していこうと思います。

谷川浩司もがんばれ(決して自分と同レベルにみなしているわけではありません)
[PR]
Commented by でんでん at 2015-11-29 12:52 x
すごく心に残る文章ですね。
明日になったらできないことが少しずつ増えるのは寂しいし悲しいけれど、でも前に進んでいかないといけないわけで。
私も残りのカードを確かめて有効に使って生きることを心掛けないと、と思いました。
Commented by さつき at 2015-11-29 18:12 x
でんでんさん、コメントありがとうございます。私がアホなのか人間はこんなものなのか、老化というものが自分にも来るとは聞いてねえよ!と思う訳ですがこっちの都合にはお構いなく予告もなしに来るんですよね。よくばって全部のカードを使おうとしないで捨てるカードは捨ててさっくり上がるのがかっこいいと思うけど、よくばってばかりいるうちにある日全部取り上げられるというオチになりそうです。よくばり人生を全うするのをめざすべきでしょうか。
by warabimochi57 | 2015-11-10 10:06 | Comments(2)

謹製 さつき


by warabimochi57
プロフィールを見る
画像一覧