感動を先取りするな

「これ面白いよ」はいいけどどこがどう面白いかまでを解説してしまっては面白さは半減する。感動を熱く語ってもしばしば「ふーん」で流されてしまうのは、自分でできたかもしれない感動を先取りされた恨みではないか。

何が面白いかは教えてはいけない。特に教師と生徒の場合は、力関係があるのだから先生の感動を押し付けてはいけない。それは抑圧である。聞いてくれる人がいる時、つい自分の感動を熱くなってるる語りたくなるものであるが、おいしいところは自分で発見しなくてはならない。そうでなくては一番おいしいところはもう食べちゃった魚も同然である。一方で「この感動をわかってもらえない」のは寂しいが人生はそういうものである。

面白いかもよ、と示唆だけをくれる先生たちに恵まれたことを幸いに思う。人はこれを学恩というのだろう。
[PR]
# by warabimochi57 | 2016-11-06 21:56 | Comments(2)

留年するとこした

ところであさってには博士後期課程の報告論文というやつを出さないといけないのであるが、これは学生便覧に書いてあるだけで、締め切り2日前になっても誰からもどこからも出せともなんとも言われないので私はもう少しでこんなのがあったことを忘れて留年するところだった。たまたまドイツで研究員をしている同期の友人が、彼はドイツにいるから出せないのでメールで送るから僕の分も出しておいてねとちょっと前に連絡をよこしたので自分も出さなきゃいけないことに気づいたのである。危ない危ない。先生に聞いてみたら、この報告論文というのはこの1年間にやったことをまとめればよいので、特に新しい論文を書く必要はなく、今までの論文やデータを整理して今後の自分の研究のために出せばよいということだった。1年間にかろうじて小さいのを2つ書いたのみの私の論文は、それをまとめるとなんか縮小して2つだったものが1.5ぐらいになってしまうのであるがやむを得ない。

さらにそれには研究計画書をくっつけて出さねばならず、こっちは新しく書かねばならない。そこで去年入学当初に提出したものを一体私の計画はどうなっていたんだっけと見直してみて、そのあまりに稚拙さに愕然とした。いや、私、成長してるわ。少なくとも1年前のひどさがわかる程度には。

こんな私にも最近はコメントを求める人が出てきた。とてもとても先生や研究者の仲間達のような的確で鋭いコメントはできないけれども、それでも今までずっとずっと自分の拙いレポートや卒論やなんやかんやをたくさんの先生や先輩やいろんな人に送りつけたりして、指導を仰いできたのである。その万分の一でも若い人に返せる機会にはなんとかちょっとでも応えたい。「それでも自分の受けた学恩には遠く及ばないけれど」というのは、別の機会に尊敬する先輩がおっしゃっていた言葉である。もしかしたら先生や先輩たちもみんな順繰り順繰りにこの道を通ってきたのだろうか。先生達はみんな偉くて私には雲の上に見えるけれど、返すどころかさらに借りを重ねるありさまでもがいている時期が、先生達にもあったのだろうか。

留年するとこした、というタイトルは厚沢部にいたころの方言で「もう少しで留年するところだった」という意味である。いや、まだ出してないからまだ免れてはいないんだけどね。留年してる場合でないから明日までには書くはずである。たぶん、きっと。ブログに逃避してないでコーヒー淹れてがんばろう。
[PR]
# by warabimochi57 | 2016-02-29 20:49 | Comments(0)

少年老い易く学成り難し

明けましておめでとうございます。

年末年始も論文に追われもうずっとこういう日々が続くのかという正月もへったくれもない新年ですが、3日になって老親の顔を見に行ってすき焼きというちょっと正月らしいことをして、小学生の甥たちと麻雀したりして遊んでいたところ、甥が数え年の話を出したので今年数え年五十になることに気づきました。なんかこう、いつか死ぬ日が来るということに関しては日々色々考えて、意外に早く来たり遅くきたりの場合についても考えるのだけど、日々老いるということについては気が回らないというか、毎日の延長というのは想像しにくい。

亀よりも遅くゆっくりと去年学んだことは、理論はエリートのもてあそぶおもちゃではなくて、誰でもがそれを使えるように提供されている道具であり、学者というのは世界にそれを提供して行く人だということだった。そして思いがけない知見に会ってびっくりする楽しみというのは若い頃と変わらない。ちょっとした方法論とかソフトウェアとかもそういうのも知見のうちで、いちいちびっくりしながらやっていく楽しみをむしろ若い頃は知らなかった。年齢と言うものに縛られているのはむしろ若者だと数え年五十になってわかる。年齢だけではなくて色々なものに勝手に縛られているのは若者で、年を取るとは自由になることだ。もっと自由になりたい。

少年老い易く学成り難し。2015年はずいぶん光陰を軽んじすぎたので、今年はちゃんと外へ出て遊ぶこともがんばるしいろいろやりたいと思う。ていうかさっさと論文書けよ、ということで、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
# by warabimochi57 | 2016-01-03 21:10 | Comments(2)

こんな筈ではなかった

某歓迎会の幹事をしていて、年末なので適当な人数で場所を押さえてしまってから出席を取っているのだが、その出席率の低さにびっくりしている。だって歓迎会だよ。もうちょっと歓迎したらどうなのさ。

と思う訳だが、勿論飲み会なんてもんは参加したい人だけが参加すればよいのであって、半強制的に全員参加なんてのは時代遅れも甚だしいのである。でも学生だよ。子どもがいる訳でも介護がある訳でもない。年末の一日二日ぐらい空けられるだろうに、

とこういう思いを老害というのだろう。自分はそういう慣習でやってきたから若いもんにもつい押し付けたくなる。酒席なんて時間の無駄だと思う人もいるだろうし酒が嫌い、飲めない、めんどくさい、金がない、気が進まない、なんであろうと正当な理由である。来たくないやつは来なくていい。それはわかっているのだがなんか寂しい気がするのはやっぱ老害やな。出る人だけで楽しくやろう。というかあんまり多すぎるより少人数のほうが飲み会は楽しい。ただ予約した人数をがくっと減らしたら店に悪い。

飲み会というもの自体が時代遅れになってきているのかもしれない。そうはいっても職場の飲み会であればそんなに毎回断るわけにもいかないだろうし、学生のように気が向かなければ一切飲み会なんか参加しなくてもいい世界は理想的ではある。むしろ自分は毎回飲み会に参加しなくてはいけないような世界に適合できないからまた学生してたりするのではなかったか。

とりあえずは若い頃の慣習を当たり前のように若者に押し付けるようになってきた。こんな筈ではなかった。
[PR]
# by warabimochi57 | 2015-12-04 18:58 | Comments(2)

今あるカードで勝負する

年齢カードが急速に弱まってきているわけですが、今の時代高齢者もがんばってるからね。

昨日できなくて寝ちゃったことが朝になると少し、「もう永久にできない度」が上がってて、カードは日に日に少なくなってくる。で、やっぱまだ全部シャッフルしたらエースが来るんじゃないかと妄想することが多いわけですよ。こねーよ!今あるカードで残された日々で勝負していくしかない。

ワイルドカード、というのはジョーカーとか鬼札とかそういうのだと辞書に出ていますが、こないだBBC(びわこ放送ではない)の英語学習サイトで、「先の読めない人」、つまり実は大物で大バケするかもしらん、あるいは天才かもしらん、けど単なるアホかもしらん、人とか状況という意味だというのを学習した。自分はワイルドカードやと思ってたらあかんよな、君は単なる「3」やスペードの3ぐらい。

ということで、3,3、4,4、8ぐらいのツーペアだけどフルハウスのふりするのではなくて、今あるカードできっちり勝負していこうと思います。

谷川浩司もがんばれ(決して自分と同レベルにみなしているわけではありません)
[PR]
# by warabimochi57 | 2015-11-10 10:06 | Comments(2)

人間の定義を云うと外に何にもない

『人間の定義を云うと外に何にもない。只いらざる事を捏造して自ら苦しんでいる者だと云えば、それで充分だ。』
夏目漱石『吾輩は猫である』 新潮文庫353ページ


前にも書いたと思うが、この一節を読むとまあ、漱石の時代からそうだったんだから仕方ないよなあとも思い、全くだ、人間なんてどいつもこいつもバカばっかりだとも思い、それが定義だったら仕方ないよなあ定義なんだからとも思い、なんとなく半分あきらめつつ半分まあええかというような気にもなる。こんなんを80年も90年も飽きずに繰り返すとは全く定義どおり人間なのであろう。

扁桃腺を腫らせて数日寝ていた。扁桃腺が腫れるのは子どもかと思っていたのだが、実に50近くなっても腫れるのである。それでここ数日がなかったのと同じになってしまった。シンポジウムを聞きに行こうとか発表の資料を作ろうとか皮算用していた部分が全部なかったのである。必修の演習も休んだ。そのかわり喉が痛いとか熱が出るとか頭が痛いとかいらんことばっかりあった。皮算用はしばしば外れる。しかし皮算用が全部実際にそのとおりになるものなら、人生は皮算用だけをしていればよいのであって実際に何かをする必要がなくなってしまう。とはいえ「何かをする必要」なんてそもそもあるのかといえば、それこそが只いらざる事なのかも知れない。

といらざる事をしていないで今日から復活して学校へ行こうと思う。
[PR]
# by warabimochi57 | 2015-11-04 11:18 | Comments(0)

詐欺師の商売

自分の方言のデータを、11年前に実家の近所のご夫妻に話を聞かせていただいたカセットテープの録音をデジタルデータに焼く機械はないので、そのテープをかけてボイスレコーダーで録るということをしている。これは11年前に外大の学部の時にレポートの課題に使ったデータなのだが、ごく一部しか書き起こししていなかったので、それ以外の箇所は私の記憶から抜け落ちていた。

おっさんは、うちの方言で「おっさん」は敬語として通用するので、私はその子供の時から世話になっている老夫妻におっさん、おばさんと呼びかけているのだが、兵隊に行かれた人である。その話では11年前当時、県内各地で戦争展をされたということでおっさんは写真やなんかの資料をいろいろ県に寄付をされたのだった。そこで何が起こったかというと、その戦争展に行った人がそこに展示されているおっさんの兵隊さんの写真を勝手に撮影し立派な額に入れて、おっさんがいない間に自宅を訪問しておばさんを騙してその写真を売りつけたのである。本人が寄付した写真を、展覧会場で客が勝手に写真に撮り、立派そうな額に入れてうまいこと言うて妻に売りつけるという商売、世の中にはいろんな人がいる。おばさんの弟さんは19歳で兵隊に取られて19歳で亡くなったという。70年前の話を私たちは繰り返さないと言い切れなくなってきた現在、ご夫妻はご存命ではあるがもはや元気なお話を聞かせていただくことは望めなくなっている。

連休中に小学生の甥姪と電車に乗っていたら、二人がどうもこの連休中にうまく遊べなかったことを反省していた。つまり私やおじいちゃんやおばあちゃんがみんな暇な時をうまく活用してみんなで遊びたかったのであるが、もう一つ日程が合わなかった、それを反省していたのである。平和なやつらである。私の論文は締め切りまでに書けるかどうかわからない。残暑も戻ってきて世の中も暑苦しいのだがとりあえずできることをやっていこう。お揚げさんでも炊いてごはんにしようと思う。
[PR]
# by warabimochi57 | 2015-09-23 19:40 | Comments(0)

虎と王子とさくらんぼ

法隆寺の玉虫厨子にも描かれている仏教説話に捨身飼虎(しゃしんしこ)というのがある。釈迦の前世の姿だった王子が、お腹をすかせた虎のために自ら餌になったお話。先日はその同じモチーフで描かれたマニ教の絵画についての講義を聞いた。インドに端を発する説話で、同じような話がイスラム、キリスト教世界に伝えられており、それがマニ教の絵画に見られるということは、マニ教がその伝播の一役を担っていた証左ではないかという話なのだが、そのマニ教の絵画は最近日本で発見されて、専門家であるうちの先生の話によれば明らかに本物なのである。なんでそんな昔の、イスラム教もキリスト教も始まる以前の宗教画が日本にあったりするのかそれだけでもびっくりしてしまう。

先生によると、マニという人は視覚が、ビジュアルに訴えるということが、どれほど布教に重要な役割を果たすかということをよく知っていて、自ら描いた絵も多く残されているということだった。今の時代であれば、いち早くネットに目をつけて世界に発信していたような人だったかも知れない。マニ教なんてそんなのが世界史の教科書に出てきたなあ、という程度の認識しかなかったのだが、日々蒙を啓かれる。

それはともかく、山形の友達からさくらんぼを送っていただいた。果物はそのまま食べるのがなんといっても一番おいしいので食べられるだけ食べたのだが、食べきれない分は冷凍し残りはジャムにした。ジャムといっても数日で全部食べてしまうぐらいの量なのですぐできてルビーのように赤いのである。ルビーは持っていないから知らないのだが、きっとこんな風に赤いのであろう。それをヨーグルトに混ぜて、ドライフルーツもちょっとまぜて食べるとこれがまた仏教説話にでも出てきそうな極上の美味なのである。このジャムを食べつくすまでは絶対死ぬわけにはいかない。

それから実家に転がっていた非常にばかばかしいダイエットの本を今持ってきていて、もし自分が死んだらこんな本を読んでいたのかと思われては非常に心外なので絶対事故にあったりもしたくないのである。そんな風に支離滅裂なことを考えている間に7月になってしまった。Time flies like an arrow, fruit flies like a bananaである。いい加減に心を入れ替えて勉強しようと思う。
[PR]
# by warabimochi57 | 2015-07-05 22:41 | Comments(0)

5月が終わる前に

更新しようと思ったらあと12分しかないのだった。

結構しんどいしんどいとあちこちで言っているので、一つだけ楽しいことを書こう。他人の論文を読むのが楽しくなった。それは必ずしも自分の研究の関連という訳ではなく、なんとなく楽しそうだ、で読んでみたら楽しい。そういうことがたまにあるようになった。

一緒に勉強している仲間達はその人が生まれた時にもう自分は大人だったりする訳だが、まだ一緒に伸びていくこともできるはず。なんせ余っている脳みそが使ってないのがあると思うから。

月が替わるまえに更新できるかな。
[PR]
# by warabimochi57 | 2015-05-31 23:59 | Comments(0)

言語学を食べて生きる

学校に入って1ヶ月、私の周りの人々はどんな人たちかというと、みんな言語学を食べて生きています。本当です。おやつも言語学です。趣味は自分の専門外の言語です。ケチュア語とか広東語とか。この人たちは神様が空気を止めても気づかずに生きるだろうけど言語学を止めたら5秒で死ぬでしょう。そんな感じ。

私はたとえばドイツ語は2日で挫折して3日さえ続かなかったのですが、ここにもドイツ語ができない人はいるけれど、でも一言半句もわからないなんて人は皆無です。みんなその言語ができなくてもどんな言語かってことは知っている。全てにおいて私のレベルでは話にならんではないか。

というのは事実なんですが、ではどこから手をつければいいのか考えた時、それは英語とトクピシンだと一つ答えがはっきり見えた。新しい言語、そして昔少しは習ったものの全くできない言語にも少しずつ手をつけたい。言語学の理論と自分が研究する自分の方言のフィールドワークもやらなくてはならないしやっている。授業も少しある。それとは別に自分の足りなさを底上げするのにどうするか。

今までずっとやってきた、でも全然極めていないところから手をつけるべきだと、私は無神論者だけれど、モヤモヤさんが降臨してそう言ったのです。私はもう一度初心に返ってトクピシンを徹底してやり直すべきであり、英語をやり直すべきなのだ。という訳で連休はトクピシンをやっている。私は今までずっとご飯をたべて生きてきたけれどこれから言語学を食べて生きていくのである。

いやあっと言う間の一ヶ月でした。まずはぼちぼちやっています。
[PR]
# by warabimochi57 | 2015-04-30 00:41 | Comments(0)

謹製 さつき


by warabimochi57
プロフィールを見る
画像一覧